The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル

f:id:mihamaku:20180414142622j:image

たまたま映画を観るのに、ちょうど良い一人の時間ができたので、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」を観てきました。

昨日から公開している「パシフィック・リム/アップライジング」と悩んだのですが、「〜アップライジング」は、怪獣要素が薄くなってロボット映画っぽくなった気がしたのでパス。直感でCMを見る限りおもしろそうだった「ジュマンジ」へ。

こんな感じで、適当に足を運んだのですが、不覚にもホロリとさせられてしまいました。

前作「ジュマンジ」は、1995年作品で、当時大学に入ったばかりの私はこの手の映画を下に見るという悪癖がありました。今考えたら、面白くもない、小難しいカッコつけた映画ばかり観ていて、損したもんだと思います。というわけで前作は観ていません。

本作をざっくり説明すると、ゲームの中に吸い込まれてしまった高校生4人が、その世界を脱出するためにゲームをクリアしていく…と、書くと、まるで子どもの思いつくようなストーリーですね。

ポイントとしては、高校生たちはゲーム内のキャラクターになってしまい、現実の本人たちとは似ても似つかない姿になってしまうというところです。オタクの子は、筋骨隆々のロック様になり、インスタ狂いの女子高生はあろうことかヒゲ面のジャック・ブラックになってしまったりします。

ストーリーが進んでいく中で、高校生たちは、普段と違う自分の力に気づき、それぞれの長所を生かし協力してクリアしていく必要に迫られます。なにしろ外見はロック様ですが、中身はオタクですから、その力を発揮するにも勇気が必要です。

本人「できないよ〜」

友達「自分を信じろ!」

という後押しを受けて、みんなでがんばるという、ものすごく教育的に良い映画なのです。バカ映画と言われれば、確かにそうなんですけど、ユーモアとスピードにあふれて、伏線がサクサクと回収される完成度の高さは最高でした。

言うなれば…勇気、友情、勝利の「週刊少年ジャンプ」みたいな話です。

ぜひ、10代の若者に見てほしい映画ですね。残念ながら、映画館は私のような中年か、それ以上の人ばかりでしたが、そのくらいの年齢の人も、勇気、友情、勝利は定期注入すべきなので、超オススメです。

CMを見てると、頭カラッポで楽しめるエンターテイメントみたいな売り方ですけど、中身はそんなことないですよ。昔の私にも教えてやりたいですね。