The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

シン・ゴジラ

f:id:mihamaku:20160811001738j:image

ネタバレというか、まだ見てない人は、今後見る可能性も低いので読んでも良いでしょう。

映画『シン・ゴジラ』公式サイト

上田に旅行に行ったときに、あまりに暑いので「シン・ゴジラ」を観てきました。旅行先で映画というのは、なかなか贅沢なものです。

ハリウッド版ゴジラを見た直後に「シン・ゴジラ」を庵野秀明が撮ると聞いて、また無謀な・・と思っていたのですが、見に行ってびっくり!おもしろかったです。

なにが面白いかって、ゴジラが超強いんです。また、いろいろな切り口で見ることができるというのも素晴らしいところです。よく言われているように、日本を襲う天災や核兵器など、今日的な問題も含有しています。ちょっとわかりやすすぎてスマートじゃない気もしたのですが、そもそもゴジラってそういうものですから。

とはいえ、自衛隊ががんばってゴジラをなんとかするところに感銘を受けて、自衛隊武力行使を期待するような切り口で感想を言っている輩もいるので困ったものです。現実と映画はちがうからね。

まず、びっくりしちゃうのが最初に出てきたダサい怪獣がゴジラだってことです。あれ~と思っていると、次々に変身していきます。後半には空を飛ぶような話も出てくるし、ちょっとゾッとするようなラストのショットもあります。次回作はどうなるんですかね。怪獣映画になるんでしょうか?例の博士は何を考えていたのでしょうか?

ここまで庵野監督なのに私はエヴァンゲリオンに全く触れていません。実は私、途中まで見て退屈になっちゃって、その後見ていないんです。だから、庵野監督も「風立ちぬ」の主人公の声の人というイメージなんですね。

だから、「まんまエヴァじゃないか!」という感想は、まったく私に届きません。だって、エヴァンゲリオンゴジラは出てこなかったし、ゴジラには何号機もでてきませんでした。つまり、別の映画ってことです。

あと、特撮展での「巨神兵東京に現る」とごっちゃにして論じている意見もあったけど、それもどうかと思います。

それでも、いろんな引っ掛かりがあって面白い映画でした。ただ、日本以外ではどうだろうかという気もします。ドラマパートは政治家や行政のシーンがほとんどで、なんのこっちゃという受け取られ方をするかもしれません。私も仕事で使うドッチファイルを映画の中でもみんな持っていて、使わない紙資料を大量に持ち歩く文化に、ちょっとため息が漏れました。

最初にも書きましたが、今回のゴジラの強さは別格です。なんか、核爆弾でも死なない気がするんですよね。あまりの強さにジョジョのカーズを思い出しました。ということは、最終的には宇宙に放り出すしかないですね。