読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

食べものはなるべく攻めたい

その他 旅行
旅行に行ったら、食べものはなるべく普段食べられないものを口にしたいものです。「おいしい」より「珍しい」又は「おもしろい」を優先したいと思っています。

1年ぶりに豊橋駅に行くと、駅ナカがずいぶんリニューアルされていました。豊橋には「あん巻き」という名物甘味があります。薄いどら焼き風の生地であんこを巻いたもので、なかなか美味しいのです。

「あん巻き」の売店もリニューアルされていて、店先を覗くと、これまで無かったか、気づかなかった商品が。「てんぷら」と書かれていて、どうやら「あん巻き」をてんぷら状に揚げたものらしいです。
f:id:mihamaku:20160430202642j:image
レンジで温めて食べたところ、まさに「あん巻き」のてんぷらでした。温かくして食べろというのもうなづける味でした。

場所は変わり、飯田で行列のできるラーメン屋といえば「上海楼」です。
f:id:mihamaku:20160430203022j:image
どうです。この昔ながらのラーメン。量が多いのは大盛りにしたからです。飯田のラーメンは基本的にやわらかくゆでてあり、自分の好みとは違うのですが、ここは郷に入りては郷に従えというところです。

また、このお店の餃子は、揚げ餃子で甘辛のタレがかかっていて、美味しかったです。

続いて飯田のスーパーに行ったら、富山で取れたタナカゲンゲの刺身が売られていました。
f:id:mihamaku:20160430203441j:image
珍しく、また値段も安かったので、買ってみました。ちなみにタナカゲンゲという魚はコチラ。
f:id:mihamaku:20160430203539j:image
グロい深海魚ですね。以前、ケンミンショーかなにかで見たことがあります。確か鳥取あたりで「ババァ」と呼ばれていて、鍋の素材なんですよね。

帰って食べたところ、アブラはのっているけど、味はあまりないという不思議な感じでした。一緒に買った中トロの方が10倍美味しかったですね。

こんな感じで、食べものを攻めても、大当たりが来るということはあまりありません。まあ、当たり前です。だからこそのローカルフードなんです。

でも不思議と食べても損した気分にはならず、逆に食べられなかったときの逃した感が大きいんですよね。だから、これからも攻める気持ちを忘れないで行きたいです。ああ、好き嫌いがなくて本当に良かった。