The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

今年も四国その2

今年の丸亀ハーフマラソンも天気に恵まれました。いつもどおりに走ってきまして、昨日書いたとおり1時間32分3秒という、まあまあのタイムを出したので、私としては満足なのですが、一緒に走った後輩のかまさんに2分くらい負けたので竹内先輩的には、悔しいみたいです。

f:id:mihamaku:20160207225017j:image
これは桂浜でニッポンの夜明け的な特訓を積まねば、そうだ高知へ向かおう!…というのは嘘なんですけど、本日は高知に宿を取っていたのです。
 
それというのも、四万十の山奥にフィギュアの造形で有名な海洋堂のシマントミュージアムビレッジという施設があると聞いたので、休みをいただき行ってみようと思っていたのです。
 
ここで表現が過去形になっていることに気づいたあなた!鋭いです。ここから昨日の大問題につながるのです。
 
クルマを運転できない私が四万十の山奥に行くには、自転車、徒歩などがありますが、ちょっと無理なくらい山の中なのです。おまけにこの施設には休日しかバスがないのです。そんなわけで一旦は諦めかけたのですが、耳寄りな情報を得ました。
 
JR四国の「駅から観タクン」というタクシープランを使えば、窪川から安くはないけど行けることが分かったのです。
 
そのチケットを買うべく、高松駅みどりの窓口に行ったところ、『1〜2月は休止』という耳を疑う答えが返ってきて、もはや高知に行く理由がなくなってしまったのです。これは由々しき事態です。
 
どうやら最近決まったことらしく、駅員さんも首を傾げていましたが、こうなった以上しかたない。前向きに高知を楽しむしかありません。
 
終わった風の話ですが、なんとまだ続きます。そのあと高松に住む大学のときの友人と会い、車の中で話していると、明日はマラソン大会のあとどうするの?という話になりました。高知に行くと言ったら、芋屋金次郎に芋ケンピを買いに行きたいから車で連れて行ってくれるというではありませんか!
 
ありがたい!…が不審な点があります。と言うのも友人もマラソン大会に出るはずで、友人の体力からすれば走った後にとても高知までドライブできる体力はないはずなのです。
 
その点を聞いてみると、筋トレで膝を痛めて、明日は欠場するとのこと。『て、てめえ、大事な話をあたかも既成事実かのように前日に話すとは確信犯だな!』と言いかけましたが、高知に送ってもらえるのは悪い話ではありません。 
友人→マラソン大会休める 
私→高知に送ってもらえる
うん、文句なしのwin-winの関係です。
 
そんなわけで丸亀駅で後輩と別れて、一路高知へ。芋屋金次郎で芋ケンピを買い、ひろめ市場で夕飯を食べ高知を満喫しました。
f:id:mihamaku:20160207232046j:image
f:id:mihamaku:20160207232100j:image
高知の珍味、ウツボ
f:id:mihamaku:20160207232209j:image
アナゴの稚魚『のれそれ』。
f:id:mihamaku:20160207232241j:image
地元の人とも会話できて楽しかったです。結局、明日は、安芸の阪神2軍キャンプを見に行く予定です。予定が狂うのは旅行の醍醐味ですね。