The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

訃報レイ・マンザレク

今朝、電車でフェイスブックをチェックしていると「いいね」しているドアーズのページの写真がレイ・マンザレクに変わっていて『R.I.P.』とあった。

思わず、「えっ!」と思ったが、音沙汰のないミュージシャンのニュースが入ったと思ったら訃報であることはよくあることだ。それでもドアーズは私が一番好きなバンドの一つなので、いつもの訃報とはちょっとちがって、胸がザワザワっとなった。

レイ・マンザレクドアーズの音楽を特徴づけるオルガン、キーボードを担当していた。「ハートに火をつけて」「ブレイク・オン・スルー」といった初期の曲ではとくにその音が目立つ。

あまりうらやましがる人もいないと思うが、私は2003年のサマーソニックで再結成ドアーズを見たことがある。

多くの人は、どうせジム・モリソンがいないんだし・・と思っていただろうけど、行った私が証言しよう。めちゃくちゃ良かった!

同じ時間にスタジアムではレディオヘッドが神がかったステージを見せていたとのことだが、裏番組のドアーズを選んだ私は微塵も後悔していない。

今、そのときのライブ(ブート盤)を聴いている。アンコールの「ハートに火をつけて」の間奏は今聴いても素晴らしい。音源に観客の歓声や「カモンベイビーライトマイファイア」の合唱が重なる。この中の数千分の一は私だ。

最後に1曲。「ハートに火をつけて」ではありきたりなので、オリジナルドアーズの最後の曲「ライダーズ・オン・ザ・ストーム」。

(re-upload tanjadoor) facts & lyrics below: Riders on the storm Riders on the storm Into this house we're born Into this world we're thrown Like a dog withou...