The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

南信濃

妻の実家に帰ってきております。いわゆる南信濃、通称「南信」に属しています。

このあたりは大学のころからサイクリングで紅葉を見に頻繁に訪れていました。そんな地域に縁ができたということで、懐かしい場所を巡ってきました。

まずは大平宿。昭和40年代に廃村になった宿場町ですが、今は古い民家に泊まることができるようになっています。

地元ではお化けが出るなどの噂があるそうです。そのせいではありませんが、妻、その両親とも初めて来たそうです。国道256号線使えば、大平街道は使う必要ないですからね。

私たちが初めてきたときは、木曽から飯田に向かうツーリング中、夜になってしまい泊まるところに困った挙げ句、この廃村を発見。扉が開いていた古民家にこっそり泊まったところ、翌朝管理人さんに見つかるという、わけのわからない展開でした。

それ以来、毎年のようにこのあたりを訪れるようになりました。大平宿も街道も少しだけキレイになり、何度か泊まった大蔵屋も健在でした。

次に木曽見茶屋。こちらはおでんが名物。昭和7年から変わらぬ味のおでん、とくに卵の色がすごいんですね。

と勇んでいったところ、まさかの「本日終了です」の文字!なんでも女将さんのお父さんの体調が悪く、介護のため営業が不定期になっているとのことでした。Twitterアカウントがありましたので、それをチェックすればいいみたいです。

というわけで、おでんは次回に持ち越しとなりました。どこも懐かしく、変わってないところも多かったので安心しました。私は、やっぱり南信が好きみたいです。縁があって良かった!

f:id:mihamaku:20141209225611j:plain

f:id:mihamaku:20141209225619j:plain

f:id:mihamaku:20141209225627j:plain

f:id:mihamaku:20141209225634j:plain

f:id:mihamaku:20141209225640j:plain