The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

長命寺で桜餅

BSでロッキー2を見終わり、猛烈にヒマになってしまったので自転車で家を出る。

本来、これだけヒマなら走り込みでもするべきなのだが、あいにく左足首に先週のフルマラソンのダメージが残っていて走れないのだった。

ぶらりと買い物でもするかと上野をめざし、途中で空腹になったので長命寺で桜餅を買う。

これまた途中で買ったコンビニのコーヒーとともにハンドルにぶら下げ、ほどよい公園があったので桜餅をコーヒーで流しこむ。

長命寺は、塩漬けにした桜の葉で挟まれた桜餅の元祖だとされている。普通、桜の葉は二枚だが、ここのは三枚ついている。

だからといって、えらいというわけでもなんでもないのだが、塩漬けの葉を食べるのが好きな私にとっては、少し得をした気分になる。

ところでそもそも桜餅についている桜の葉は、食べるべきものなのか?ヒマついでに長命寺のサイトを見たところ、基本は取って残った桜の香りを楽しみながら食べるらしい…が、一枚残して一緒に食べるのが粋ともされているようで、正解はとくにないようだった。

とりあえず、三枚とも食べるのは問題外ということなのか、触れられていなかった。まあ、塩漬けは健康にもあまり良くないし、ほどほどが良いのかな?

そんな感じで休憩中に思ったことをつらつら書いていたら、冷えてきたので、また自転車に乗って、上野に向かおう。

長い独り言になりました。

f:id:mihamaku:20141209225941j:plain

f:id:mihamaku:20141209225947j:plain

f:id:mihamaku:20141209225953j:plain

f:id:mihamaku:20141209230000j:plain