読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

富士登山

これから写真の山に登ってきます。

というわけでひとり富士山へ。最終バスで須走口から。すでに眠いという体たらくですが、半分徹夜で4時くらいに山頂に着くよう調節します。

さーて、デパ地下で買ったお弁当はいつ食べようかな。ぼちぼち登ってきます。

 

f:id:mihamaku:20150904181005j:plain

五号目。auの電波が弱いから980円Wi-Fiで通信。この旅が終わったら、ヨドバシの0円Wi-Fiに変えよう。

f:id:mihamaku:20150904181027j:plain

富士山須走口を夜9時にスタート。

f:id:mihamaku:20150904181117j:plain

登りはじめは夜景がきれいに見える。

f:id:mihamaku:20150904181142j:plain

この日はブルームーンということで8月2回目の満月。とても明るかった。

f:id:mihamaku:20150904181206j:plain

雲と斜面と満月。本6合目。しかし、富士山登山は登山と呼べない気がする。この時刻にのぼっちゃダメでしょ。

f:id:mihamaku:20150904181248j:plain

本7合目。富士山はだいたい30分に一度くらい山小屋がある。

f:id:mihamaku:20150904181352j:plain

本8合目の温度計。4℃・・寒いわけだ。

f:id:mihamaku:20150904181413j:plain

本8合目で吉田口と合流。大渋滞に。この時点で午前1時半。すごく眠かった。

f:id:mihamaku:20150904181449j:plain

見上げれば、ずっと行列。上に出てるのは月。

f:id:mihamaku:20150904181525j:plain

さて、一足飛びに4時半。もう山頂についてます。眠すぎて、途中の記憶は悪夢のように少し覚えているだけ。山頂は0℃。

f:id:mihamaku:20150904181551j:plain

寒すぎる・・ダウンを着てガタガタ震えながら空が白んでいくのを見つめる。

f:id:mihamaku:20150904181614j:plain

待つこと1時間半。空が燃え始めましたよ!

f:id:mihamaku:20150904181641j:plain

はい!きたー!これで帰れます。もううれしいというか安心した。

f:id:mihamaku:20150904181714j:plain

きれいですね。でも待つ労力のほうが大きかった。3度目だし、今回一人だしね。

f:id:mihamaku:20150904181743j:plain

ちなみに山頂は大混雑です。店も8月末なので1軒しかやってません。

f:id:mihamaku:20150904181808j:plain

山頂の鳥居。

f:id:mihamaku:20150904181831j:plain

ここから下り。下界はジオラマみたい。

f:id:mihamaku:20150904181859j:plain

この高度感がいいんですね。雲に飛び込んでいくみたいな

f:id:mihamaku:20150904181923j:plain

山頂を見上げる。やっぱり行列。

f:id:mihamaku:20150904181955j:plain

しかし、いい天気だなぁ。下では夜、雨が降ったというんだけど信じられない。

f:id:mihamaku:20150904182023j:plain

須走口の下山は砂走りという深い砂の道を使う。最初は高速で走れるのでうれしいが、長いせいで膝がおかしくなるので、最後は勘弁してほしくなる。

f:id:mihamaku:20150904182045j:plain

この鳥居もどきをくぐり20分ほどでバス停。いやはや疲れました。無事でよかった。

f:id:mihamaku:20150904182108j:plain