The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

きつい夏休みのようなもの

明日の夜から夏休みのような状態に入る。「のような」というのは、もともと土日だけを休むつもりだったのだが、あとから月曜日も休むことにして、結果的に三日と一晩家をあけることになったからだ。九州に一人旅に出かけるわけだが、日程が類を見ないバカバカしさで、すでに無駄な出費もかさんでいる。


もともとの予定は、長崎の沖にある福江島というところで開催される「五島列島夕やけマラソン」に参加するつもりだった。気がついたときには、当日に着く飛行機の便がなくなっていて、高速船もソールドアウト、残された手段はフェリーだ。これに間に合わせるためには前日に長崎入りする必要がある。そんなわけで当初の予定は、金曜の夜に東京を出て、長崎泊、翌朝のフェリーで福江島へ、レースが終わったら(真夏なのでレースは夕方に行われるのだ)、翌日、長崎に戻り、東京へ、というものだった。


ここでひとつトラブルが発生。福江島の宿がすべて満室になっていた。どこに電話しても「この日はずっと前から予約で埋まってます」といわれるばかり。そうだろうなぁ、夕方にマラソンやるんだから、そりゃ泊まるわな。そこで先日買ったテントでの出撃を決意した。


わたしは自転車ツーリングで福江島に2回ほど行ったことがあり、そのときはキャンプ生活だった。たしか、フェリーターミナルで野宿したり、さんさん富江キャンプ場に泊まったのだ。しかも、観光協会のホームページには「キャンプの適地は、至る所にあります。夏だと海辺も良いし、湧水がある草原もあちこちにあります。人家近くの場合は、家の人に一声かければ、人情に厚い島の人たちは快く快諾し、気遣ってくれるはず。」と書いてあるのでキャンプ決定。


数週間前のことだ。伊良部が日本に帰ってきた。ロッテファンのわたしはいまだに伊良部を気にかけていて、うどん屋をやっていたり、でかいバイクに乗っていたりというテレビでの情報が昨年までは頼りだった。ところが、今年になって米独立リーグに復帰、そして四国・九州アイランドリーグに参加することになった。高知のチームの所属なのだが、日程を調べていたら、ちょうどマラソン大会のあたりで長崎のチームと試合をするとのことだった。23日先発の次だから、わたしが見られる30日は中6日。ちょうどいい。


これは見るべき!そう思って、休みを調整していたら31日も休めることになった。帰りの飛行機は、キャンセルしなければいけないので1万円弱の損失が発生するが、まあ前日はキャンプということで宿泊代が浮いたので良しとしておく。その代わりに本数が多く、安くチケットが取れる博多に30日の夜は泊まることにした。ラーメンも食べたい。30日は福江島からフェリー、電車で佐世保、野球観戦、電車で博多、宿泊というあわただしいことになってきた。


昨日のことだ。四国・九州アイランドリーグのホームページを見ていたら、衝撃の事実が。30日の試合開始時間が16:00から13:00に・・変更になっていた。アホ!移動時間考えたら見られるわけないだろ。フェリーで長崎に渡ると、球場に着くのは15:00近くになってしまう。わたしは佐世保にフェリーで渡る方法がないか、高速船にキャンセルが出ていないか、などなど検討した。そして最終的に福江島から長崎空港まで飛行機で渡ることにした。到着するのは14:00近くになってしまうが、1時間くらいは見られるだろう。しかし、痛い出費だなぁ。フェリーだと2500円のところ10000円だからなぁ。伊良部を見るのは金がかかる。


でも、おかげで福江島をたつのが11:00になった。天気がよかったら朝一で海水浴も出来るかもしれない。心配なのは、明日客先から直接羽田に向かうことだ。19:15の飛行機なので時間も微妙だ。朝、客先近くのコインロッカーにキャンプ道具を詰め込んでおかないとな。で、着ているスーツは、羽田の手荷物預かりか配達日指定で宅急便だな。


コメント
CHLOE EXTREME 2009年08月27日 22:51
>伊良部を見るのは金がかかる。

ここで吹いた。wwww

だいじょうぶだよ。
テントのポール(だっけ?)を買いに出先から東京まで一旦戻った、いつぞやの夏に比べたら。w

T内K平 2009年08月27日 23:10 >クロエさん

あったなぁ、そんなこと。昔は時間があったから、金をなるべく使わないようにしていたけど、今はその反対だね。


ちなみにあのときは、サークルのテントのポールを忘れて、結局テントを買いに東京に戻ったのだよ。雨の降る中、あずまやで寝るなんて悔しいけど今のわたしにはできないな。


ちなみにチミにもゆかりの深い高知ファイティングドッグス所属で、香川の尽誠学園出身の伊良部を応援してやってください。むかしは生意気でしたが、今はとてもリラックスして良い顔になりました。