The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

2008終了!

今年も終わろうとしている。チャンネルをザッピングしているとやっぱり『Dynamite!!』に行き着いてしまう。やっぱり、格闘技は面白い。でも、山崎vsモリマンも相当面白かった。あれも格闘技だからだろう。しかし、DSEをつぶす原因となった猪木祭りをやった日本テレビがPRIDEやハッスルのパロディをやるというのはちょっと複雑な気分になる。


今、アリスターバダ・ハリを倒し、川尻が武田を倒してしまった。カードが発表されたときはナンセンスで意味のないカードだと思ったんだけど、本職を総合の選手が倒すのを見たら興奮してしまった。予想外のアップセットに驚いたし、結果的にこのカードが成功してしまうところが大晦日の奇跡っぽくて良い。


今年の格闘技界は低迷していたし、来年もいかがなものかと思うが、「ガキ使」のプロレスを見ていたら、やっぱりプロレスは面白いんじゃないかと再認識できた。あの盛り上がりを見ている限り、みんなプロレス好きなんじゃないかね。日本テレビのノア中継も終わってしまうらしいが、来年はDDTの両国国技館大会もあることだし、自分もお金を使っていきたい。年初はマッスルも見に行くし、できたら1月4日の新日本も仕事が終われば見にいくつもりだ。


来年の春には、ヴェネチア映画祭グランプリを獲得した『ザ・ レスラー』(ミッキー・ローク主演)も公開される。プロレスは逆境だが、これを機にもしかしたらアップセットを起こせるかもしれない。そんなことを言っている自分こそ来年はがんばらないといけない気がする。


『Dynamite!!』には「勇気のチカラ」というサブタイトルがついているのだけれど、自分はアリスターや川尻にかなり勇気をもらった。あんな、自分にメリットのない試合よく受けられるよな。そんなメリットのない試合を受けて、しかも勝つことで、ぜんぜん関係ない自分が元気になるっていうのは不思議だし、でもすごいことだと思う。


あ・・ちなみに私の来年の目標はカジノに行くこと。これは勇気がなくても達成できそうだ。