読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

テレビではわからないK-1ワールドMAX

本日は、K-1ワールドMAXを見に行ってきた。最近武道館でやっているのは全部見ている気がするな。それも全部一人で。テレビで見た人は多いと思うので、試合結果とかそういうことはさておき、テレビに映らないところで何が起こっていたか自分視点で書いてみる。


まず観客は満員といってよい。超満員というアナウンスが入ったが、まあそういって差し支えないだろう。自分は最後列から2番目だったのだが、その辺まで入る興行はほとんどない。昨年のノア小橋復活祭りは立ち見を含めて満員だったが、あれは異常。


魔裟斗vs佐藤の試合後、物が投げ込まれた。判定に納得いかない佐藤ファンによるもの。角田さんがマイクで「選手は命がけでやっているのになにごとだ!」と一喝。おもしろかったからテレビに映せばよかったのに。でも、本線がぶれてくるから仕方ないか・・。


ちなみにかなりフェアに見ていたつもりの自分からみると、判定は妥当だと思う。1Rは魔裟斗がとっていて、2Rは佐藤がダウンをとったことで2Pリード、でも中盤以降は完全に魔裟斗が支配していたので1P挽回。9-8という判定になんの不思議もない。3Rはやや魔裟斗か・・。という感じなので、テレビだけ見てヤオだなんだという人は、一度くらい見に来るべきだと思う。


決勝で魔裟斗とやったキシェンコの入場。これもテレビに映らないので私が補足。いつも、チェックのベストに帽子というピーター・アーツ大好きっ子姿で入場してくるのだが、あのルックスなのでとてもかわいい。つーか、前から思っていたんだけどアーツの入場コスチュームって変だよな。


これまたテレビでやらなかったブアカーオvsブラックマンバ。ブアカーオのパンチが炸裂して見事KO勝ち。なぜか負けたマンバさんがコーナーに上って雄叫びをあげる。まだできる!という意味なのか、やられたぜ!という意味なのか不明だった。そう思ったのは私だけでなく、会場全体であり、対戦相手のブアカーオさんもポカーンとしていた。


とにかく今日の魔裟斗はすごかったな。あんな打ち合いする選手いないぞ。MAXは選手が粒ぞろいなんで、これをシャッフルするだけですばらしい興行になるのが強みだ。魔裟斗vs佐藤はまだまだ見たいし、魔裟斗vsブアカーオ、サワーは年に1回くらい見てみたい。佐藤vsキシェンコとか、ネタはいくらでもあるな。


最後に、これは本当に私だけの秘密情報。帰りに自転車まで歩いて行く途中、草むらに落ちているパンフレットを発見。2000円くらいするので自分では買わないのだが、落ちているなら話は別。当然拾って帰った。ラッキー!