読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

K-1ワールドMAX 世界一決定トーナメント

プロ格

去年も見に行ったK-1ワールドMAXを見に行った。仕事帰りに一人、当日券を買って入るのは、すごく格闘技ファンっぽい。最近のMAXはものすごくおもしろい。とくに魔裟斗のトーナメントでの試合はここ数年まったくハズレがないのだ。あらためてすごい選手だと思う。


今日も魔裟斗の試合は、めちゃくちゃ良かった。強打のあるドラゴに対して、常に積極的に攻撃を仕掛けた。最近、すごいのは、ほとんどの攻撃がワン・ツー・スリーの連打になっているところ。もう少し精度が増せば、サワーにも勝てると思う。サワーファンの自分が思うのだから、間違いないだろう。結果的には、判定勝ちだったがスピーディでいい試合だった。


この試合以外も判定が多かったのだが、それでもおもしろいのが最近のMAXのすごいところだ。サワーとやったスティーブルマン、キシェンコと戦った城戸、どちらも一方的な試合ではなかった。健全に新鋭が育っているのがいいところだと思う。


一方で、ザンビディス、クラウスといった昔からいる選手が、リザーブマッチですさまじい試合を繰り広げるのだから層が厚い。ちなみにザンビディスは延長になってドクターストップになってしまったが、自分は勝ってたように思えた。ザンビディスもそうなんだけど、自分は上下の打ち分けがうまい選手が好きだ。サワーもそうだし魔裟斗もそう。総合だとジェンス・パルヴァーが好きだ。


今日の主役はなんと言っても佐藤。ブアカーオをKOで下したのはすごい。あのまま判定だったら負けていたところだけに、余計価値がある。次はとうとう魔裟斗との試合だ。実にドキドキする。10/1見に行きたいなぁ。