The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

COLDPLAYの新譜を買って、ついでに考える

ミュージックマガジンなんて買うのは、何年ぶりだろう。特集「CDはどこへ行く」というのを立ち読みしたら、おもしろかったので買ってしまった。一番売れていた時期と比べるとCDの生産量は3分の2になっているという。音楽配信とか、理由はいろいろ考えられる。個人的には条件付でCDは、なくなっても良いんじゃないかと思う。


場所もとるし、純粋なCDプレーヤーなんて持ってないし(DVDプレーヤーをアンプにつないでいる)、モノとして生産するのはエコじゃないし・・なんてネガティブな要素をいっぱいあげてみたが、実際は自分は聞ききれないくらいのCDを持っているし、今日も中古CDを2枚とCOLDPLAYの新譜を買ってしまった。


ただし以前に比べると、買う量も減っている。理由ははっきりしていて、聞きたいものがないのと聞く時間がないからだ。昔は好きなアーティストというものがいた時期があって、そのCDを買うのを楽しみにしていたのだが、今はそんなアーティストの音源も大半集めてしまっている。大体が昔のアーティストなので亡くなっているかパワーダウンしてしまっている。また集めたものが大量になりすぎていることにも気づいていて、それを聞いていたら時間がないのもわかっている。


音楽を聞くのはipodがほとんど。CDは、MP3に変換すると、よほどのことがない限り、プレーヤーに乗ることはない。だから、CDはバックアップ以外の意味合いをもたない。別に音楽配信に流れているわけではなく、自分のアーカイブで十分すぎるのだ。私に関して言えば、これまでCDを売りすぎたことと、それをデータベース化できるitunesがCDを買わない要因になっている。だから個人的には違法コピーとか音楽配信を敵視するのは、まったくお門違い。


ミュージックマガジンのインタビューでは、レコード会社の人が「スーパースターの不在」とか「シングルヒット不足」を訴えていたけど、残念ながら前者は、価値観が多様化しているうえに少子高齢化の流れの中では難しいんじゃないかと思う。っていうか、そういうカリスマみたいのはいなくていいよ。あとシングルヒットこそデータ配信向けなんだよな。ドラマの主題歌なんて、アルバムで買おうと思わないでしょう。なんかね、レコード会社の人のインタビューを読んでいると、自分なんかより音楽好きなんだろうけど、やっぱり商品戦略という側面もちらついてしまう。


好きなものに対する青臭い純粋性は嫌いだし、苦手だけれども、それでもアートに商品っていう食い合わせの悪さを感じてしまう。良い悪いじゃなくて、自分はアートを商品と言い切ってしまう料理法が好きじゃないんだと思う。とはいえ、自分は便利さだったり合理性という料理法はとても好きで、ipodに曲を入れることで標高3000mの山頂でコステロのアルバムの1曲なんかを聞けたりすることには「すごい!」と興奮する。でも、レコードを丹念に聞き込む人からしたら、自分の聞き方なんて外道食いもいいところで「ふざけんな!」と思われてしまうんだろう。自覚はしているけど情緒がないんだよな。だから、音楽が好きっていっても、その中身はずいぶん違うのでひとくくりにはできない。


そんな最近CDを買わない私が珍しく買ったのが、COLDPLAYのニューアルバム。グラミー賞とかとってても、まったく聞かなかったのだがitunesのCMが良かったので、タワレコで試聴したらほかの曲も良かったということで購入。このアルバムの良いところは45分くらいにまとまっていて、アルバム全体を覆うトーンが同じだということ。つまり、まとめて聞くと意味合いがあり、シングルでなくアルバムである必要がある。ちなみに45分というのは、私の集中力が続く限界。曲調は、ウェットな感じの「OKコンピューター」。すれっからしの私にアルバムを買わせちゃうくらいだから曲のパワーはすごいと思う。

美しき生命 【初回限定盤】

美しき生命 【初回限定盤】