読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

唐川の安定感がすごい

親知らずを抜いたところが、大変腫れてきてしまったので、GWは実家でゴロゴロしながらPSPでもやって過ごすことにした。本当は白神岳に登ろうと思ってたんだけどね。まあ、いいさ、混んでいるときにわざわざ行く道理はない。


というわけで、実家に向けてCD500枚を発送した。これから私は実家に帰って、そのCDを開封して、今度は実家のCDをアジトに送り返す。という手順を何度も繰り返すことによって、実家のCDをすべてipodに入れることができるという寸法だ、フフフ。それにしてもCDって重いんだよな。明日、持ってきてくれるクロネコの人はかわいそうだ。そして、これからもお願いします。


今日は、腫れているので(ついでに微熱もある)食欲もなく、ロッテvs西武の試合を見ることくらいが唯一の楽しみ。あ、PSPも楽しい。今日の試合は、唐川の2回目の先発ということもあるが、首位西武との試合で5連敗中ということのほうが重要。


そんな大事な試合だったのだが、唐川の安定感はすごかった。最後まで四球を出さなかったのが良かった。球速はあと5キロ上がれば文句なしだが、18歳なんだから良しとしないといけない。あとはセットポジションでの不安定さが消えればいいくらいだ。


昨年甲子園で見たときは、良い球と悪い球がはっきりしていたので不安だったが、ストライク先行のときは抜群だ。まだ二回しか投げていないので、「悪いなりに」という試合がない。調子が悪いときにどうするのか、負けてほしくはないが見てみたい。


あとは他の若手ピッチャーがどう奮起するかだな。唐川のフォームは大変美しいが、マネできるものではなさそうだし。とりあえず、5連敗分を返す必要があるので明日も勝ってもらいたい。あわよくば見に行きたい。