読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

日帰り車中泊2日関西ツアー

野球

大垣から米原に向かう。不本意ながら米原からは新幹線を使わないといけない。第一試合は大変だ。大垣夜行は指定券なしで乗っていた人がけっこういた。やれるもんだね。わたしは小心者なんで無理。


野球の結果をみたらロッテと阪神が勝っていて良かった。


と、ここまで書いたが、ここからは振り返って書いてみる。自分は木曜日の夜、急に甲子園に行きたくなってしまい眠れなくなってしまった。そこでなんとか安く行ける方法はないものかと頭を悩ませ、18切符やバス、格安ツアーなどいろいろ当たってみた。そうはいっても時間はなかったので、行きのバスはもはや時間切れで買えなかった。


あわててしまったので、なぜか帰りのバスをおさえてしまい、もう行かざるを得なくなってしまった。ヤフオクムーンライトながらの切符に入札をかけたが、落札時間は出発する数時間前の午後5時。落札に失敗した場合は、朝一の新幹線で行かなければならない。実は先に書いたように夜行で行っても新幹線は使わなければいけないのだが、4000円くらいで済む。


なんとか、「ながら」の切符を落札し、18切符で旅行開始。なんとなく、ウトウトしたりしているうちに大垣についた。足が伸ばせないのが電車の一番つらいところだ。米原からは新幹線。予想通り座れなかった。でも2駅なので我慢。そこからの行程は実にスムーズで、試合開始10分前に甲子園についた。


改修された甲子園はすばらしい。食べ物の充実、席が広くなったなどいろいろいいところはあるのだが、私なりのエピソードを二つほど。一つ目は、わたしがチケットを落として困っていたところ、トイレに落としていたらしいチケットを席まで届けてくれたこと。ちなみに指定席ではないので顔を覚えてくれていて、なおかつ探してくれたということになる。


もうひとつはコーヒーを買ったら、「ミルクと砂糖はどうしますか?」というので「ひとつずつ」と答えたところ、ミルクと砂糖を入れてくれた上にマドラーでかき混ぜてくれたこと。なんて親切なんだ。今回の旅では、話しかける人みんなが親切なので、関西えらい!という評価が俄然高まった。でも、疲れちゃったのでその辺のエピソードはまた明日。