読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

亀田興毅の試合at幕張メッセ

プロ格

f:id:mihamaku:20080322131315j:plain
幕張で亀田の試合をやるというので見に行ってきた。わたしはポケモンDでナエトルに「カメコウキ」と名づけたくらいなので、勝手に縁があることにしている。


会場は幕張メッセのホールのひとつで思っていたよりかなり小さい。テレビのセットが思ったよりもしょぼかったりするのに近いだろう。人もそんなに入れられない。2000人も入らないんじゃないか?これが亀田株の暴落と関係があるのかどうかはわからないが、ずいぶん小さな会場で観戦できるのはありがたいことだ。


自由席のチケットは3000円。そのくせかなり見やすい席でお得である。空席も結構多くて、警備もゆるいので勝手に適当な席に座っている人も多数。1時開場で、前座を含めた試合は5試合。1時40分に最初の試合がはじまった。アグレッシブでとてもよい試合。勝った人は、さっきトイレのとなりで用を足していた人だった。トイレくらい別にしてやれば良いのに。


その後、2試合を順調に消化。ここでセミファイナルは3時からになるとの放送が入る。メインの亀田興毅の試合はテレビ中継にあわせて、4時からだそうだ。今2時半だから・・うわ〜ヒマだぁ。しょうがないのでウロウロしているとサンジャポでおなじみTBSの青木アナが道行く人にインタビューしていた。長身できれいだった。


ヒマなので、こういうときこそipodを活用。UFCの昔の試合とかNHKスペシャル「プラネットアース」なんぞを見る。そういや、わたしは総合とかキックを見慣れているせいで、ボクシングで抱え込んだ姿勢になると「そこでヒザ!」とか思ってしまうのは悪いクセだ。何度も見ているGSPvsマット・ヒューズのフィニッシュに感動していたら、セミファイナルがスタート。この試合もすばらしい試合。ボディ打ちで動きが止まったところでKOフィニッシュ。知らない選手でも、思わず熱が入る。


短時間決着のせいで、またもや退屈タイム。周りでは亀田応援団が動き始める。のぼりを持ったり、太鼓を出したりしている。この試合だけを見に来た人もいるようで徐々に席が埋まり始める。前座の試合もめちゃくちゃ良かったのにもったいないなぁ。


やっと4時になり亀田興毅の入場。私の席は入場口の近くなので人がワサワサ集まってくる。見えない!「バーニングハート」に乗って、亀田が登場。みんな盛り上がる。試合は、1回に興毅がダウンをとる。その後も攻めるが、なかなか詰めることができない。セコンドが悪いんじゃないかね。ダウンの後、単調すぎた。得意のボディでスタミナを奪っていけば、後半KOできたと思う。


試合は、明らかに興毅の圧倒的な判定勝ち。でも、課題は相当残った。あと言わせてもらえば、テレビの収録につき合わされている感じがして不愉快だった。もっと、ライブ感を出していかないとテレビにだって勢いがなくなる。だから、強いはずの興毅もなんとなく弱く見えちゃうわけだ。負けることによって生まれるリアリティとそこから立ち上がる姿が人の目を惹きつけるんじゃないかと思う。