読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

DREAM1観戦記(書き直し)

DREAM1にきてます。本当は野球のオープン戦にいくつもりだったが、どうしても見たくなって今朝ネットでチケットを落としたのだ。


さきほどチョイダフ屋風の人からチケットを入手した。DREAMというイベント名はなんかダサくて口にしづらい。戦極もそうだけどね。やはりUFCとかK-1はネーミング的にキレがあるし、発音しやすいのでグローバル感がある。PRIDEはまあまあの名前で、残念ながらHERO’Sはダメなネーミングだと感じる。


席はかなり見やすい。こないだの戦極より近い。オープニングはかなり遅くスタート。客席もけっこうあいている。(のちにだいたい埋まる)オープニングはまさにPRIDEテイストでなじみがあるせいもあり違和感なし。旧PRIDEの選手への声援が多い。PRIDE信者はネットにしかいない架空の存在かと思っていたがちがった。驚いた。


第一試合ミノワマン。じらし入場に少し飽きる。試合は差がありすぎ。無理に今日出さなくても良かったのでは。イマイチ客席もノリが悪い。ミノワマンの無差別ごっこはもう飽きられていると思う。


第二試合、マッハ対門馬。マッハ道場は巣鴨にあるので、マッハを応援してみる。マッハのほうが体は小さいがプレッシャーをかけてKO勝ち。最後は鉄拳を連打していたが、なかなかレフェリーが止めない。VTRみたら、最後の2発以外はほとんど当たってなくてレフェリーはよく見てるなぁと普通のことに感心。


ここからは面倒くさいので、いくつか気づいたことを書く。


☆入場曲
永田の「スカイハイ」のリミックスがかっこよかった。JZカルバンのラップの途中で「JZ」と何度もいっていたのはオリジナルの曲なのか?


☆外国人選手
チョン・ブギョンは、腕関節もいいけどプレッシャーのかけ方がいい。石田が周りを回るような展開が意外だった。アルバレスはすごい強さ。ジダを完封してたもんな。JZとやらせてもいい勝負かも。


☆青木vsJZ
試合前の映像でアナウンサーは「体調は万全」といっているのにJZは左足をガチガチのテーピングで巻いていて、かなりうけた。青木は運が悪いなぁ。でも、こういうとき運を引き寄せられるかどうかということが大事だったりする。五味なんかはそれができた。


興行自体は、勝負論があってよかったが、それがエンターテイメントとして成立するかどうかは難しいという、基本的なことを思い出させられた。