読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

ドダイトス、そして天山

プロ格 ゲーム

まったく同情するなら、健康をくれ!といいたくなる体調なわけで、おれがドダイトスならギガドレインで誰かから体力を奪う・・・と脳が一部やられているようである。でも、少し良くなってきたかな・・相変わらず声が出ない。ナチュラルに天龍のモノマネになってしまう。ちょっとおもしろいので録音してみたくなる。


ここで豆知識!ドダイトスは、ナエトルハヤシガメドダイトスと進化する。ポケモンダイヤモンド&パールの最初に選べるポケモンの中では一番人気がなさそうである。うちのバイトさんに「おれはカメを使うぜ!名前は亀田興毅にちなみカメコウキ!」と自信満々に宣言したところ「エーッ!」と普通に驚かれた。


今では順調に育って、わたくしはすっかり亀田のオヤジ気分。大事なボス戦などでは「コウキ!いてもうてまえ!」などと口汚く罵り、すっかり汚れポケモントレーナーである。子供相手にメンチをきりながらポケモンバトルをやるのがささやかな夢だ。で、任天堂から厳重注意・・・そしてエセ関西弁に対して各所からバッシング・・とそこまで亀田ごっこをしなくてもいいだろう。


昨日も天山について書いたので、その続き。以下は天山の軍団結成インタビュー。

*超一流のヒール軍団〜G・B・H
天山:「G・B・Hは、スケールのでかいヒール軍団として、徹底的にやっていきたい。狼軍団しかりNWOしかり、今までのどんなチームを超える超一流のヒール軍団。
この軍団のイメージを表すなら、まさに<凶悪>というひとことに尽きる。C.T.Uもまだまだ中途半端。G・B・Hが徹底的に悪いことをすることで、団体だけではなく、今のプロレス界全体を活性化させていく。」


※注釈〜G・B・H〜Great Bash Heel(グレートバッシュヒール)
※意味:最も偉大で凶悪なヒール
またGrievous Bodily Harm〜GHB(グレービス ボディリィ ハーム)という、イギリス警察の暗号コードで凶悪傷害事件を意味する言葉でもある。


*神戸大会3軍対抗戦がチャンス
天山:「G・B・Hはちょいワルどころじゃないぞ。カッコなんか気にしちゃいられない。俺等がリングに入っただけで客が逃げ出すくらい凶悪だ。黄色い声援なんかいらない。俺達に似合うのはブーイング。
永田の奴、『ビッグ フェイス ラウド』とか言ってたらしいが、調子に乗るな!『華がない』なんてセリフ、お前にだけは言われたくない。なにがイケメンだ!お前等はイケテないメンだろう?俺の肉体改造について、『新弟子の練習』とかぬかしていたが、邪道さんもカンカンだ。そもそも永田は人をけなしてのし上がってきた人間。あいつこそ私生活ではヒールそのもの。鈴木みのる以上に性格が悪いあいつの言動は、見ていて許し難いものがある。次のシリーズ、リング上で目に物を見せてやる!覚えておけよ!
神戸大会の3軍対抗戦は、俺等の力を見せつける絶好の機会。正規軍、蝶野軍を1日で叩き潰して勢力図を塗り替える。
次のシリーズG・B・Hがメイン。新日本=G・B・Hとなるのは時間の問題だ。」

というのが、天山さんの組んだヒール軍団なのだが、ここまでくると失笑を通り越して、自分が試されているような気がしてくる。わたしとしては突っ込みたいところだが、ここで突っ込んだら思うツボではないかと警戒してしまう。あ〜言いたい・・言わせて・・負けでいいや。あの・・<凶悪>って・・自分で言うか・・・でもプロレス界全体を活性化させちゃうなんて・・・いい軍団じゃないか。永田さんをヒール扱いしておいてやっつけてしまったら、それはベビーフェイスなんじゃないかと・・・。


あと「イギリス警察の〜」のくだりは、どういうシーンで使えばいいんでしょうか?女の子とプロレスを見に行って「あのね、GBHにはもうひとつ意味があって・・」とか使えばいいのか?みるみる興味を失っていく様子がイヤになるくらい鮮明に見えてくる。もう、ハイビジョン並み!


とまあ、天山は相変わらず癒してくれる。新日ではこのあたりの点を突っ込んでストーリーを転がせられるのか?それともスルーしてなかったことにしてしまうのか?ここは思い切って前者にコインをつぎ込んでもらいたい。もし、そうしてくれたら、「客が逃げ出すくらい」(←これはかなり悪いと思う。営業面でまったくマイナスである)のヒールをめざす天山としては不本意だろうが、足しげく自分は通ってしまうだろう。