読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

「やわらかい生活」

第三弾ということで「やわらかい生活」。新宿のk'sシネマにて、浦川さんと野竹さんも一緒に。家でPRIDEGPのDVD編集をしていたので大変眠い。スローなテンポの映画だということが分かっていたので、かなり不安を抱えて見始めた。


雑に説明すると、ちょっと心にダメージを抱えている寺島しのぶの人生の一部を切り取った感じの映画。だから、悪の大魔王を倒したりといったスペクタクル的な要素はない。こういう映画を説明するのは難しい。ストーリーが重要な要素でないからだ。人に映画を説明しようとするとき、自分はいかにストーリーに頼っているかということを感じる。ストーリーなしだと「とにかく雰囲気が良かった」とかあいまいな言い回しにどうしてもなってしまう。


自分はこの類の映画が好きだ。おそらく、人の人生をのぞき見るような気分が好きなのだと思う。のぞき見ることは自分にとって意味があるのか・・・とそういうことではなくておもしろくて、単純に興味があるのである。こんな感じの映画、いってみればなにも起こらない映画はけっこうたくさん創られている。みんな、のぞき見ることが好きなのだと思う。


少し気になることがあった。映画の後、ペンギンのいる居酒屋(ペンギンがお皿を持ってきてくれるわけではない)で食事をしたのだが、そのときにも話題になった。最後、電話でいとこの豊川悦史の死を知るのだが、その場面の描写がやたらと説明的というか、不自然なセリフなのだ。そこまでのセリフがかなり気を遣って書かれているのに、この部分だけは中学生が書いたみたいだった。


なぜだろう・・。これは映画だということを観客に教えるためだろうか?でも、そういう観客を意識したアバンギャルドな映画ではないわけだし。いや、アバンギャルドに見せかけないで実はそうとか・・。なんだか、のぞき見をしていたら、クライマックスで「最初から気づいてたよ」と言われた気分である。たぶん、自分の考えすぎだと思うけど・・。