The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

ロッテvs楽天3回戦

f:id:mihamaku:20060409135628j:plain
だらしない試合だったので格闘技風に書いてみようと思う。


1ラウンド序盤、ロッテはガードのまずさを突かれ、四球二つで1塁3塁の楽天有利のポジションを許してしまう。なんとか吉岡を三振で退け、逆にサブローが四球で出塁。ここで福浦がクリーンヒット!楽天先発の朝井をぐらつかせる。ベニーの崩れた打撃で1ダウンを奪い、フランコ、今江の出塁でいっそう有利になり、試合を決するダメージを与えることも可能な場面になったが、破壊王橋本不発で楽天に逃げられてしまう。


2ラウンドはジャブ程度の攻防に終わったが、ロッテ先発バーンはストライク、ボールがはっきりしていて、またもやノックアウトされる危険性を排除できない。朝井も同様で大量ダメージによる早期決着、あるいは両者大量得点による泥仕合が、すでに予想できた。


ロッテはこのあとも今江が2回ファンブルするなど、あわやの場面が連続。攻撃では福浦の打撃のキレがすばらしかった。しかし、終わってみればヒットを打った打者は西岡1本、サブロー2本、福浦4本、ベニー1本、フランコ3本、代打井上1本という体たらくであった。つまり6番以降の打者はまったく機能しておらず、ロッテの攻撃システムが完全に崩壊していることを裏付ける結果になってしまった。「負けてなお強し」とはよくいうが「勝ってやはり弱し」とは、今のロッテにふさわしい。


6ラウンドの攻撃はそれを象徴していて、福浦、ベニー、フランコで1,2,3、ボクシングでいうところのトリプルがヒットして、楽天は虫の息。調子のいいときの今江ならフルスイングでKOをもぎ取りに行くところだが、今のコンディションでは犠打が精一杯。結局、そのあと1点しか取れず、ズルズルと判定に持ち込まれていく。


7ラウンドでは楽天に逆襲を許し、藤田が血だるま。2点を返され、あわや逆転KO負けも想像できる展開になった。最後も小林がランナーをおいて危なっかしく締め、なんとか判定勝ちということになった。自分がレフェリーだったら、どっちもどっちでドロー裁定だ。勝ったから良かったなんて、ちっとも思わない。


というわけで、私期待の早坂、パスクチがまったく使い物にならず、今江も使うべきでないと思った。とりあえずはパスクチを引っ込めて大松か竹原を起用してほしい。ただ、内野は堀欠場が非常に痛いので、早坂は筋トレして強い打球を打てるようになり、今江は自信を喪失しない程度に使い続けるしかないのだろう。