The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

ロッテ日本一

めでたく・・というかロッテファンの自分も拍子抜けするような日本シリーズにロッテは完勝した。ひとまず安心はしたが、このあとアジアシリーズもあるし気は抜けない。ロッテはイースタンでも優勝しているので、来年は竹原とか大松とかの若手の台頭が期待できる。加藤もローテーションにがっちり食い込んできてほしいな。


来年の話ばかりしていると鬼が笑うというので、今年の日本シリーズを振り返ってみたい。傍目にみても阪神は本調子じゃなかった。打つべき今岡、金本に当たりがないのだから負けるのは当たり前である。もとから先発陣はロッテが圧倒的優位だったし。


プレーオフの是非についても、いろいろいわれたがシーズン前に制度が決まっているのだから、これはしかたがない。ベストな方策を探る上での試行錯誤なのだから、批判をする際には代替案とセットでなくてはいけない。自分はあれだけプレーオフが盛り上がったのだから、なんらかのかたちで存続させるべきだと思う。


問題はソフトバンク阪神が待たされた期間になにをしていたのかということだ。来るべきプレーオフ日本シリーズに向けて気力体力を充実させなければいけない期間に勘が鈍ったのはなぜなのか?放っておくと鈍っていくのならば、それをキープすることを主眼においたかたちの練習ができなかったのか?仕事とかに置き換えてみると、敗北や失敗を外的な環境のせいにしてしまえば簡単なのだ。でも自分に都合の良い環境ばかりのわけがないから、頭を使い策を練るのである。


阪神に限っていえば、あまりに無策であったと思わざるを得ない。自分がロッテの勝利を確信したのは、渡辺俊介対策として打撃投手にアンダースローで投げてもらって、打撃練習をしているのを見たときだ。そんな付け焼き刃の練習にまったく意味があるとは思えなかった。戦時中にタケヤリで軍事訓練しているのを思い起こした。それよりはフォームの分析をして、捨てる球、狙う球を決めていくべきだっただろう。


先にも書いたようにロッテはイースタンでも優勝し、今江、西岡といった若手選手が貴重な体験をしたという意味において、非常に重要な一年となった。松坂、城島というライバル球団の柱がメジャーに移籍する動きがあるので、ロッテはパリーグを盛り上げていく上で大事な役割を担うことになる。球界の盟主はもういらない。球界の模範となる球団があればいい。その候補となるのは、ソフトバンク日本ハム阪神、それに今日優勝した千葉ロッテだと考えている。