The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

帰ってきた竹内ファンド

会社から帰ってくるとき、まちがえてひとつ前の駅で降りてしまった。携帯電話をずーっといじっていて地元の駅だと思ってしまったのだ。なにしろ、稲毛海岸駅検見川浜駅はよく似ている。


こんなにも熱心に携帯電話をいじっていたのはオークションのためだ。携帯で検索するとどうしても時間がかかるうえ、表示される文字数も少ないのでジーッと見てしまう。で、そのまま検見川浜で降りてしまって稲毛海岸まで歩くことにした。距離にして1キロもないくらいなので余裕なのであった。その道すがらもずーっと携帯をいじりっぱなしだ。指紋でベタベタになっているにちがいない。さて、こんなに熱心にオークションページを見ているのにはわけがある。


山口くんに「日本シリーズいくらまで出す?おれなら2万まで」とメールを送ったところ「5万まで出します。竹内さんの許容範囲外の3万はぼくが出してもいいです」というのである。すげぇ、まさに野球狂だ。こうまでいわれちゃ、先輩の自分ががんばらないことにはしめしがつかない。


会社の休み時間にオークションをチェックしていると、ものすごい量の出品があり、しかも価格は高騰していた。この高騰がバブル的なものなのか、それとも明日の一般発売によって緩和されたりするものなのか、ちょっと予想がつかなかった。とりあえず、席の確保を優先し、かつ良い席をできるだけ安い値段で落札するという基本方針を立てた。ムダに競り合うことは避け即決価格で一本釣りをかけることにした。


ようやく家に帰って、ウオッチリストにいれておいたものをチェックすると軒並み高騰していた。競り合うと値がつり上がっていく傾向があるので、やはり即決狙いでいくのがベストと判断した。


今回のチケットはS席、A席、B席、外野席とあり、値段は順に8000円、6500円、4500円、2500円となっている。外野だと応援強制っぽくなるので避けたいが、B席はお世辞にも良い席とはいえないので、やはり1FのS席かA席がベストだ。


オークションに目をこらしていると3塁側のB席ばかり目立つ。価格は2枚で40000円あたりが相場のようだ。玉数は多いので、いざとなればすぐに落とせるだろう。席の確保に関しては問題なくいけると見た。あとは席の種類と場所だ。どんどん新しい出品がでてくるので更新を何度もかけて、追加されたものを吟味していった。すると、きたのだ・・・。


「1塁側S席即決15000円」というものを発見した自分は、まず2枚落とした。そして1分ほど考えて、もう2枚落とした。こうして1塁側S席の4連番を手に入れることに成功した。これはすごい。倍値以下で落とせたことに驚きをおぼえた。


こうして竹内ファンドは、楽天ばりの買い付けをみせ、売る気になればいつでも黒字化が可能なチケットを入手したのだった。かなり満足のいく取引だった。株でうまくいくのもこんな気分なのかね?それだったら自分はけっこう向いていると思う。阪神株を買いしめて、いい選手をロッテにトレードしてしまおう。