The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

ミルコへの道は険しい

アンディ・サワーK-1MAXで優勝したのを記念して、PS2「UFC2004」のエディットでサワーをつくってみた。顔のバリエーションは少ないし、ロングスパッツもないので見た目はイマイチ似ていない。とりあえず飛び込んでからのパンチを強くして、ローキックなんかを打てるようにしておいた。

自分がかねがね大絶賛している「UFC2004」だが欠点はたくさんある。選手の動きがカサカサしてゴキブリみたいだとか、入場テーマ曲を選ぼうにも試し聴きできないのでどんな曲だか分からないとか、言いたいことはたくさんあるのだが、格闘技好きが誰しもつっこむのは寝技の極めが強すぎるところだ。あの極めの強さならアブダビコンバット無差別級で優勝まちがいなしだ。

まあ、極めが強いのは良しとしよう。なぜなら寝技が極まるのはものすごく気持ちがいいから。実際の試合みたいに、なかなかチャンスもめぐってこないようだとゲームとしてはつまらない。寝技が強いのは良いんだけど、打撃が弱すぎるのが問題なのだ。どんなにクリーンヒットしても1発でKOということはなくて最低10発は与えないと倒せない。

そんな「打撃<寝技」の公式が成り立つので、失敗しても何度も平気でタックルを仕掛けにいって、そのうち倒されて寝技で負けてしまうことが多々ある。ファイプロみたいにクリティカルで一発KOがほしいところだ。


というわけで「UFC2004」で最強の選手というのは、あらゆる局面で関節技を仕掛けられる選手ということになる。だから今回つくったサワーも右ストレートの破壊力はすばらしいものがあるのだがなかなか勝てない。相手に馬乗りになると、それはそれで勝てるのだが基本的に立ち技だけで勝ってみたいのであまりやらないようにした。


相手がダウンしたところで追い討ちをかけないと、手で相手に「立ってこい」のジェスチャーをするときがあって、これがなかなかかっこいい。ミルコvsヒーリングを思い出す瞬間である。実際、「UFC2004」でミルコみたいにタックルを切って打撃で勝つ、というのをやってみたいのだがタックルを切るためにはタイミング良く2つのボタンを押さなければいけないので修行不足の自分では、まだまだ確実性が足りない。


今日になってようやくサワーを使ってチャンピオンモードをクリアできた。普通に勝つよりすごくうれしい。基本的にローキックとパンチ、ときおりひざ蹴りを交えた試合運びだった。相手に倒されたら必死で起きあがりスタンディングに戻す。そんなふうに縛りを自分に課すのは、ゲームの中のルールを超えたゲームの楽しみ方のような気がして贅沢な気分だ。