The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

慣れちゃうと・・

慣れというのは恐ろしいもので、3Dの格闘技ゲーム(「UFC2004」)ばかりやっているので、ひさびさに2Dの「ファイヤープロレスリングZ」をやってみたところかったるくてしょうがなかった。以前はPSの「ファイヤープロレスリングG」を『一生続けられるゲーム』と位置づけ、1年半に渡りほとんどそれしかやっていなかったのだが今は「UFC2004」ばっかりだ。
ファイプロ」を久々にやって思ったのはプロレスと格闘技をひとつのゲームにするのはちょっと無理があるということだ。ルールも多岐に渡っているし(有刺鉄線爆破デスマッチから総合格闘技まで)、同じ技でも意味合いが異なってくる。例えばプロレスでは腕ひしぎ逆十字固めで一瞬にして決着がつくはずもないが、総合格闘技で、それはアリである。
だからUFCだけに特化した「UFC2004」のバランスがよいのも当たり前なのだ。無理をしていないのである。あと、ちょこっとうれしいのがどういう条件かよく分からないのだが、ときおり隠しキャラみたいなのがでてきたり、ゲーマー心を刺激してくれる。でも、隠しキャラのレフェリーがやたら強いのはナンだと思う。人気ゲームだったら攻略法がネット上にあるのだろうが、今のところ見つからない。英語のページでも見ればいいのかな?