The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

人斬り半次郎

旅に出ることになったので鹿児島関係の小説を読み始めた。池波正太郎の「人斬り半次郎」である。 丸山さんが池波正太郎を激押しするので、なんとなく購入してしまった。これが上下巻で1000頁くらいあってなかなか手強い。会社の行き帰りで200頁ずつ読んでいかないと間に合わない。本当は「紙のプロレス」を読みたいのだが、グッとこらえて小説を読む。読んでいると、もしかしたら池波作品の中でははずれか?との思いも出てきたが、いまさらおそいので資料としてでも完読をめざす。久々に勉強です。