The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

群狼の旗

夢枕漠の「群狼の旗」という本を読んでいる。ちょっと前の格闘技の本である。UFC創世の頃の本である。そこにでてくる人はほとんどプロといえる人がいない。お金を戦いで稼ぐことが非常に難しかったのである。曙がK-1に参戦して何億円もらったとかいう話があるが、この10年ですさまじいファイトマネーが動くようになっているのだろう。マイク・タイソンもそりゃあひっかかってくるわ。それにしてもなんでもそうなんだけど、努力しても勝てるとは限らないわけで、努力してもかつ可能性が上がっていくだけなのだ。つらいねえ。