The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

ヤンキースが感動的なサヨナラ勝ち

ヤンキースが感動的なサヨナラ勝ち。松井もよく頑張った。アメリカのプレーオフはこういう好ゲームが多い。ぼくが一番印象に残っているのは2年前のダイヤモンドバックスワールドシリーズ制覇のときである。ジョンソン、シリングの両エースがヤンキースをなんとかおさえて、最後は全盛期のリベラを攻略して第7戦で決着をつけた。ジョンソンは大ベテランなのに高校野球並のスクランブル体制で登板して、自分はそれに感動した。感動は常識では考えられない厳しい状況で奇跡が起こってしまうところにあると思う。