読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

贋世捨人

車谷長吉の「贋世捨人」を読み終わった。珍しく、というかはじめてさわやかな読後感。また、はじめての長編じゃないかと思う。こういう小説について人に説明するとき、筋書きを説明すればいいのか、それともエッセンスを説明すればいいのか頭を悩ませる。考えれば考えるほどわからない。小説は筋書きがなくても小説になるが、物語は筋書きなくしては物語にならない。今回の車谷の小説は、青春小説といってしまって良いと思う。最後にもでてくる匕首が全体のメタファーなのかと思う。