The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

文士の魂

車谷長吉の「文士の魂」というエッセイ集を読んだ。電車の行き帰りで読み終わった。短いし読みやすいということもあるが、おもしろいからすぐに読み終わってしまうのである。読みやすいという点においては、先日上司に借りた「なぜこの人の周りに人が集まるのか」というビジネス書も負けていない。これもまたおもしろいのだがなにかがちがう。当たり前なのかも知れないが車谷のほうが圧倒的に文学的というか、血が通っているというか、濃密なのである。ビジネス書は良くできているが、やっぱりこしらえものに感じるのだ。