読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

評論

読書 魔法のiランド

岩波新書からでた高橋源一郎の本を買った。高橋源一郎は評論となるとずば抜けて分かりやすく、しかもおもしろい。ものすごく小説のことが分かってるのだと思う。ところが小説を書くとなると話は別で、ぼくにとってはまったくおもしろくない。どうしてあんなに書き方が分かっているのに書けないのだろうか。そんな風に不思議に思う。これは近田春夫がポップミュージックについて、すばらしい論客であるのにすばらしい音楽家ではないのと似ている。