The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

スペースカウボーイズ

CSで「スペースカウボーイズ」というクリント・イーストウッドの映画をやっていた。前日の寝不足は承知の上、見はじめたが案の定、眠った。イーストウッドらが自分の歳を逆手にとった細かいギャグはけっこうおもしろかったが、目が覚めたときには、すでに宇宙でなにやら爆発が起こっていたりしてわけが分からなかった。なにより、修理するはずの衛星に核ミサイルが搭載されていたりして、素人目にもかなり荒唐無稽にうつった。一応見終わった後、EW&Fのベストを聴いた。こちらの宇宙観もかなり荒唐無稽であった。