The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

台風がすごいというふれこみ

台風がすごいというふれこみの一日だった。うちの会社ではバイトさんに、自分の判断で休んでも良い、という指示が出ていた。ぼくもまた朝早く起きてみたりして台風の出方をうかがった。ところが、不謹慎であることは承知の上、言わせてもらうと、おもしろくなかった。朝出勤時にはまったく雨が降っておらず、社内にいるときに雨が降っていた模様であった。昼飯を買いに行くときは少々降っていたが、午後研修にいくときはすっかりやんでおり、研修から帰ってくるときには日差しに顔をしかめた。台風が来るといううわさ段階が一番盛り上がっていた気がする。