The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

考えるヒット5

近田春夫の「考えるヒット5」を読んだ。最初に読んだときの感動はないのだけれど、ハッとさせられる部分も多くおもしろいことに変わりはない。最初に読んだときの感動は「こんな考え方もあるのか」という手法についての感動があったが、今はその地点を通り過ぎ、中身を読んでいるということになろう。近田春夫は評論家としてはずば抜けているのだが、作品になるともう少しだ。専門家が見たらおもしろいのかも知れないが、ぼくには分からない。作家でいったら高橋源一郎に似ている。高橋源一郎は作家をやめちゃっていいと思う。