The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

車内トラブル

先日、電車が遅延した理由が「車内トラブル」だったということは先に書いた。しかし、その車内トラブルとは口論相手に催涙スプレーを発射したというから穏やかでない。満員電車の中で催涙スプレーを発射するとどんなことになるか、ぼくでも想像がつく。いくら目の前の相手が憎くても確実にまわりの人が被害を被ることは明白でその犯人はそれを理解してやったか、そうでなければ想像力が欠如している。どちらにせよ自己中心的である。犯人は大学生ということであるが、こんな事件ののちテレビなんぞで「最近の学生は云々・・」としたり顔でいわれたりするとこれもまた頭に来る。