The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

社会学で良かった

今になって、大学の専攻が社会学で良かったと思えてきた。これまでは「大学でもっと勉強しておけば・・」などと思っていたけど、今はそう思わない。社会学の基本は何か?と考えてみると、『仮説を立てて、その検証を行う』という部分に尽きるのではないか。検証に不可欠なのが数字である。数値化されたデータをどう読みとっていくかがすべてだ。社会学が学際的だとかジャンルを横断していると言われるのは、数字さえあれば、そこに社会学が成立するからだ。この基本的考え方が、けっこう仕事に役立つことに最近気付いた。