The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

戦争をすべきでない

少し冷静になってみると、アメリカは戦争をすべきでない。もちろん、テロリストの蛮行は許されないが、それに対して、同じことをするようでは、これもまた許される行為ではないと思う。第一、普通にやったらアメリカは負ける。民間人をターゲットにできないアメリカに対し、テロリストはなんでもアリなのである。戦争をすべきでないと言っているのは、ぼくの知る限り、アメリカの言うテロ支援国家であるイランだけだ。戦争、それ自体が悪だとどうして気付かないのか。