The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

全体的に幸せな一日

なんだか家を出るときからして、ちがっていたのだ。湿度が低くて、風がさらっとしていて。電車の中で運試しをした。次の駅で、つり革につかまったぼくの前の人が降りたらラッキーということに決めた。そうしたら本当に降りた。これは本当にラッキーな日なのではないか。仕事をしていても、うきうきしていたのでなんだか時間がアッという間に過ぎ去る。仕事も順調だ。昼はマクドナルドでこれといったこともなし。結局そのまま、うきうきしたまま一日が過ぎていった。とくになにもなかったが、全体的に幸せな一日だった。