The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

野球

いざ甲子園!

今日の夜行電車に乗って甲子園に向かう。山口くんに感化されたこともあり、昨年あたりから高校野球に興味を持つようになった。興味を持つと自然と情報が入ってきて、自然に詳しくなってくる。普通に高校野球を見ていると、知らない高校生同士のひたむきな戦…

38イニングと半分、ついでに来年のテーマ

] 38イニングと半分野球を見てきた。真夏のプロレスの祭典「WRESTLE EXPO 2006」ばりに7時45分に神宮球場に山口くんと集合。以後、21時過ぎまで、熱戦が繰り広げられたのだった。 真夏の祭典とは裏腹に大変寒い一日だった。おまけに神宮球場バックネット…

斉藤和巳

不覚にも泣いた。日ハム優勝で沸く札幌ドームに一瞬だけ写った姿。あれを見て心を打たれない男を自分は信用できない。 それは斉藤和巳がズレータとカブレラに両肩を抱えられて、190センチの巨体を引きずるようにベンチに戻っていった姿だ。号泣し、一瞬たり…

地上波で野球やってよ

うぇ〜、阪神もロッテもなにやってんだよ!阪神なんて完全に勝ちゲームだろ。井川、本当に頼むよ。久保田、ちょっと帰ってくるのが遅いよ。先週帰ってきてくれたらヤクルトに勝てたよ。それからロッテ。久保は昨年同様、夏場の体力不足。あと、パスクチは後…

高校野球余波

竹内家に巨大建造物が出現した。K子さんが送ってくれたのだ。飲み屋であまった焼きおにぎりをラップに包んでもらって、翌朝のご飯にしているような貧乏サラリーマンとしては大変うれしい。このラック、巨大すぎて置く物が少ない自分としてはどうしてやろう…

過剰にドラマチック

大変なことになった高校野球。結果もろもろはそこらじゅうにあるので割愛。それにしても、早実の斉藤はマンガに出てきそうな東京の投手だ。クールで無駄がない。100%の力で投げるのは一試合に2、3回だろう。西東京大会の決勝でも最後の勝負どころで149キロ…

ヤクルトvs阪神in神宮

最速男クルーンをこのあいだラクーアで見た。横浜ファンの背の高い黒人じゃないの?とか言われたりしたが、あれは本物。そして、今日の私は最速帰宅男。5時半前にパソコンをおとし、バイトさんの日報にサインを書くように、コメントを記していく。バイトさ…

ヤクルトvsロッテ5回戦

新聞屋の抽選に当たって野球のチケットをもらった。まさかここまで重要な試合になるとは思わなかったヤクルト戦。それも神宮球場である。この試合が大事なのは交流戦の優勝が両チームによって争われているからで、失礼な話だがまさかヤクルトと争うことにな…

ロッテvs中日2回戦

自転車のオーバーホールが終了したので幕張まで取りに行った。昨日から荒れ気味の天気で、晴れたり雨が降ったりするとの予報。天気がもっているうちに行こうと思って、12時前くらいに海浜幕張に着いた。そこで人の流れを見て、「そういやロッテ・中日戦だ」…

ロッテvs楽天3回戦

だらしない試合だったので格闘技風に書いてみようと思う。 1ラウンド序盤、ロッテはガードのまずさを突かれ、四球二つで1塁3塁の楽天有利のポジションを許してしまう。なんとか吉岡を三振で退け、逆にサブローが四球で出塁。ここで福浦がクリーンヒット!…

もう小学生じゃないから

スカパーで西武vsオリックス戦を見ていたら、涌井と炭谷のバッテリーだった。涌井19歳、炭谷18歳。こんな若いバッテリーは見たことないよ。高卒新人捕手の開幕先発が51年ぶりだっていうから、もしかしてプロ野球史上最年少バッテリー?リアルドカベンプロ野…

人気なんて水物だ

パ・リーグが開幕した。ずいぶんお客さんが入ったみたいでなによりだ。でも、これで野球人気が回復したとか安心しちゃダメだと思う。日本人は飽きっぽいし、とくに最近の消費サイクルはめまぐるしい。人気なんて移り変わるものだし、少しのきっかけで良くな…

無数の種がまかれた

アメリカの思惑通りにいかなかったところが、WBCの成功の要因だと思う。アメリカが予定通りにホームランをパカスカ打って勝利していたら、第2回大会はなかったかもしれない。もしそうなったらアメリカ以外の国の人には、おもしろみのない大会と映ったことだ…

日本激勝を自分なりの切り口で考えてみる

お気づきの人はいるだろうか?多村が6点目のホームランを打ったとき流れた曲を。かかったのは「SANDSTORM」という曲。ヴァンダレイ・シウバの入場テーマとして、そして私のケータイの着メロとして有名な曲だ。 昨年の日本シリーズのこと。不振にあえいでい…

ビバ、メヒコ!

また、語らねばなるまい。ビバ、メヒコ!ホント、明日はタコスでも食べますよ。それが難しければドン・タコスでいいや。というわけで、王監督も「ウッシャ!オリャー!!」と亀田兄弟ばりに叫んだとされる(正確には「よっしゃー」と言ったらしい)本日のアメ…

WBCとIWGP

これは書かねばなるまい。WBCのことだ。まじめな人は眉をひそめるだろうが、ここまでの展開は自分にとっては最高である。韓国には逆転負け。それもイ・スンヨプにホームランを打たれて・・。アメリカには例の誤審問題で負けた。それではなにが最高なのか? …

ポストシーズン

ソフトバンクがバティスタの解雇を決めた。昨年2年契約で獲得した大物メジャーリーガーだ。年俸に見合ってはいなかったが、そこそこ活躍し来年は爆発する可能性も秘めていた。5億円の来期年俸を払っての契約解除ということで、来期保有することもできたのに…

野球の見方・読み方

ちがう本を探しに本屋に行ったらおもしろい本を見つけた。 おしゃれ野球批評出版社/メーカー: DAI‐X出版 発売日: 2005/10 メディア: 単行本 浴びろ! オレの野球汁 無類の野球バカたちが創り出す究極の「野球ユートピア」誕生。 選抜オールスター32人のただ…

ロッテ日本一

めでたく・・というかロッテファンの自分も拍子抜けするような日本シリーズにロッテは完勝した。ひとまず安心はしたが、このあとアジアシリーズもあるし気は抜けない。ロッテはイースタンでも優勝しているので、来年は竹原とか大松とかの若手の台頭が期待で…

ロッテがまた勝った

いや〜驚いた。甲子園って妙に選手のテーマ曲を流している時間が長い気がするんだけど、金本のテーマは「SANDSTORM」だった。ヴァンダレイ・シウバの入場テーマとして、自分の携帯の着メロとして有名な曲である。金本は格闘技好きだからな。 そんなことは、…

年中無休の竹内ファンド

野球の話は後回しにして、自転車を走らせる行動派ファンドマネージャーの私は午前10時に千葉マリンスタジアムに向かった。前日一枚余ることになったチケットの買い取り先としてリストアップしていたダフ屋の状況を調査するためである。 スタジアム前には、チ…

白い霧の伝説

今日はフクダ電子アリーナ、(通称:電子アリーナ←ウソ)にジェフvsヴィッセルを見に行ったので、そのことを書こうと思ったのだが、大変な事件が起こったのでそのことを書かなければならない。 よもや、プロ野球、それも日本シリーズでレフェリーストップが…

帰ってきた竹内ファンド

会社から帰ってくるとき、まちがえてひとつ前の駅で降りてしまった。携帯電話をずーっといじっていて地元の駅だと思ってしまったのだ。なにしろ、稲毛海岸駅と検見川浜駅はよく似ている。 こんなにも熱心に携帯電話をいじっていたのはオークションのためだ。…

勝った夜は・・

さぁて、誕生日だったのだが仕事が忙しいわ、ロッテが優勝するわで、自分以外のことがたくさんあって、なんだか大変だった。 ロッテの優勝について少し書いてみる。昨日、会社を出たときには1点差で負けていた。もうダメかなと少し弱気になって、「勝っても…

負けた夜には音楽でも聴いて・・

うわ〜、今日も負けた。なんとなく予想がついたけど・・。試合内容は悪くはない。まあ、勢いの差である。 だいたい田尾の解説には飽きたよ・・。と、解説にあたりたくもなる。明日はちがうラジオ局で聴いてみよう。12chの解説は野村、川崎、藤本博史で野村は…

プレーオフ実況しつつ

ぬお〜。現在、千葉ロッテvsソフトバンクの壮絶延長戦をラジオで聴取中。9回裏は地獄のようだった。4点とられるか〜。フォアボールだしちゃうか。うわ〜、頭が痛い。 今日の試合は楽勝ペースで進み、ヒットは打たれるものの点をとられる気はまったくしなか…

スポーツはキライ!

ロッテが勝って大喜びと思われそうな自分だが、ちょっと機嫌が悪い。さっきスポーツナビの記事を見ていたら西武のことを『西武の選手に何の罪もないが、制度の欠陥を背負って出てきたようなチームが勝っては「1勝の価値」は過去に例がないほど軽いものにな…

竹内ファンド再始動

昨日から熱がでて、今日も会社を遅刻していった。睡眠時間が増えたので少し元気になった。自分がこうしてちんたら生活を送っている間にも、世界では数千億円単位でお金が動いており、その一部数十万円がわたしの口座に振り込まれている。そして阪神電鉄の株…

竹内ファンド撤退記

先週、木曜日のことだった。突如愛県心に目覚めたわたしは「千葉ロッテを応援しなければ!」と思いたったのだ。プレーオフのチケットを先行予約ギリギリに申し込んだところ、翌日抽選であっさり自由席を4枚入手し、あとはマリンスタジアムに行くばかり・・…

 パ・リーグ優勝

ついにパ・リーグ優勝が決まった。西武が勝った。それにしてもこの熱狂のプレーオフはおもしろかった。今日は一日家で仕事まがいのことをしていたけれども、その鬱屈した気分も吹っ飛んだ。西武が追いつき逆転、それを最後にダイエーが追いつき、豊田も使い…