読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

俺たち文化系プロレスDDT

映画 音楽 プロ格

f:id:mihamaku:20170114150116j:plain

ライブ・ビューイング・ジャパン : 映画『俺たち文化系プロレスDDT』

映画『俺たち文化系プロレスDDT』公式さんがリツイート
DDT ProWrestling ‏@ddtpro
1月14日(土)17:00からイオンシネマ幕張新都心で映画『俺たち文化系プロレスDDT』のイベント上映が開催。迫力の特大ULTIRAスクリーンでお楽しみください! 上映前にはスーパー・ササダンゴ・マシンによる見所解説煽りパワポ、上映後にはアフタートークあり!
#ddtpro

こんなツイートを見たら行くしかないでしょ!私の大好きなプロレス団体DDTのドキュメンタリー映画で、音楽はジム・オルーク。好きな要素しか入っていない上に、私はこのドキュメンタリーの題材になった大会を見に行っているのです。それが幕張イオンの特大スクリーンにやってくるのです。

見に行きたいというより、『おれこそ見に行かなくてはならない!』・・という間違った使命感 が幕張まで私のカラダを運びました。正確には午前中にチェーンの掃除をして、乗り心地最高になったロードレーサーが運びました。

f:id:mihamaku:20170114213317j:image

内容については、思い入れがあるので、客観視はできません。だから、いろいろ差し引いて書きたいところなんですけど、それも難しい。

ストーリーとしては、新興団体のビッグマッチに出場したメジャー団体の選手が、試合後、新興団体のプロレスや選手について物申したところ、波紋を呼んで、ファンやフロントも交えた気まずい関係になってしまいます。

結果的には、この関係を再び試合をすることで、つまりプロレスによって解決することになるのですが、その内幕を掘り下げていったのが、この映画というわけです。

最後に監督でもあるマッスル坂井が「本当にプロレスで解決しちゃったよ!」というシーンがあるのですが、実際に見ていた私も本当にビックリしました。

この大会はメイン前までは、なごやかだったのですが、メインの団体間の対抗戦になると様相が一変。双方のファンがそれぞれの応援を始めて試合前から殺伐とするという、今時のプロレスにはまず見られない空気になっていたのです。

そもそもDDTという団体は、文化系と自称するくらいで、そういう対抗戦とかをやる団体ではありません。私も昔はかなり見ていたのですが、こんな空気になったのは初めてです。

ところが、帰りにはすべてのお客さんが「いいもの見たわ〜」という感じでニコニコして帰ったのです。一種の奇跡のようでした。

f:id:mihamaku:20170114220300j:image

長く見ていると、こんなこともあるから、楽しいものです。映画としては、誰にでもオススメの作品ではありませんが、私にとっては忘れられない作品ということになります。

2017年も例年通り

ランニング 旅行 その他

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

新年ということで、例年通り向島の祖母の家に行ってきました。祖母も今年で99歳。いよいよ100歳が現実味を帯びてきました。

それに対し、相変わらず路地に現れるスカイツリーは現実離れした景色でした。いつになったら馴染むのでしょうか?

f:id:mihamaku:20170102213703j:image

さて、2017年になりましたので、主に楽しい目標っぽいことを考えてみます。生活全般としては、子ども中心に前年と変わりません。そろそろ一回くらい飛行機を使って、旅行に行けるといいな。あと、草津スパリゾートハワイアンズにも行きたいな。

ついでじゃないけど今の仕事もがんばりたいです。(…というか積み残しの仕事がたくさんあり、他の人に引き継ぐのが大変なので、できれば残留したい)

個人的には昨年の夏に二泊三日の自転車ツーリングをしたのが、とても楽しかったので、一回くらいは泊まりで一人旅に出たいです。行くとしたら子どもが帰省している夏でしょう。

今年はフルもハーフも走らなかったランニングは、能力が下がりすぎない程度に練習しようと思います。レースに出る予定もないので、モチベーションもその程度なのです。基本的には、音楽を聴く時間くらいの位置付けで。

パソコンも買い換えたいです。iTunesがまともに動かない生活を脱したいです。できればノートでメモリは16欲しいが、お金のメドはないので、なんとかしなければいけません。

本と映画も時間がないと言わずに、眠る時間を削ってでも月に一冊一本は楽しみたいものです。テレビも昨年は録画したものがどんどんたまり、容量不足で消していくという悲しい有様だったので、せめて今年は一番好きな「You は何しに日本へ」くらいは見られるとうれしいですね、

なんか、楽しいことばかり考えていたら、良い年になるような気がしてきました。明日は初詣に行ってきて、例年通り世界平和をお願いしてきます。今年も私は諦めないぞ。