The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

温故知新

f:id:mihamaku:20161230071208j:image

今年も終わりに近づきました。

子どもが小さいので、なるべく早く帰ろうと必死になっていたら、一年経ってしまった感じです。

実は12月に引っ越しまして、バタバタしました。いろいろ物を片付けていると玉突き的に実家の物も片付けることになり、本もずいぶん捨てました。

そういや、この一年、読んだ本は数冊です。読む時間もないので本屋にも行きません。あまり良くないとは思いますが、他に優先することがあるので、今はこれで良いと思ってます。

本屋には行かなかったのですが、実家で本を片付けているともう一回読みたい本が出てくるものでペラペラめくってしまいます。

とりあえず年末年始は、昔読んですごく面白かった気がする(というのも、細かい中身って忘れちゃうものですよね?私だけ?)、糸井重里「インターネット的」、村上春樹「走ることについて語るときに僕の語ること」を持ち帰り、読んでみることにしました。 

f:id:mihamaku:20161230071422j:image

これだったら新たにお金もかからないし、時間がなきゃ読まなくてもいいし、気楽なものです。一回読んでるから、読むのも速いし、なにより私自身の感じ方も変わっているだろうから、新しく感じることもあると思うので楽しみです。

来年以降も、新しいものに目を向けるのはなかなか難しいですが、見渡せば、これまでに手に入れた本やら音楽やらにあふれています。

これまではひとつひとつに時間をかけず、消費してきましたが、これからは少ない時間を大事に使って消化していきたいです。

明日になれば、新年。何かがこのタイミングで変わるわけではありませんが、眠れない深夜に今年を振り返ることで、次の年が少しでも良い年になれば良いと思っています。良いお年を。おやすみなさい。

ジョージ・マイケル亡くなる

1980年代にポップデュオ「ワム!」として活躍し「ラスト・クリスマス」などの世界的ヒット曲で知られるイギリスの人気歌手ジョージ・マイケルさんが亡くなりました。53歳でした。
これはジョージ・マイケルさんの広報担当者が25日、明らかにしました。
マイケルさんは1963年、イギリスのロンドン郊外で生まれました。1980年代にポップデュオ「ワム!」として活躍し、「ラスト・クリスマス」や「ケアレス・ウィスパー」それに「ウェイク・ミー・アップ・ビフォア・ユー・ゴー・ゴー」などの世界的ヒット曲を次々と世に送り出しました。

「ワム!」のジョージ・マイケルさん死去 | NHKニュース

今年の死神は年末までよく働くので、ジョージ・マイケルまで亡くなってしまいました。80年代を代表するミュージシャンがたくさん亡くなった一年でしたが、その中でもジョージ・マイケルは好きだったので、ショックは大きいです。

 

mihamaku.hatenablog.com

 ドキュメンタリー映画も見に行ったものです。 スキャンダルでつかまってもそれを曲のPVにしちゃうのだから、明るいよね。このライブなんて警官の衣装でノリノリです。そして、歌がめちゃうまい。


George Michael - Outside (25 Live)

前にも書いたけど、ジョージ・マイケルはものすごく寡作です。ワムの曲は20曲くらいしかないし、ソロのオリジナルアルバムだって4枚しかありません。その最後のアルバムとなった『PATIENCE』は大傑作で何回聴いたかわかりません。

特にシングルとなった「AMAZING」は震える名曲で、本当にタイトルそのままとしか言いようがありません。


George Michael - Amazing

f:id:mihamaku:20161228152331j:plain

ジョージ・マイケル、内緒で行なっていた慈善活動が次々と明らかに | George Michael | BARKS音楽ニュース

pebbleが買収されちゃってたよ!

このあいだ、Pebble2というスマートウォッチを買った話を書いたんですけど、なんとその製造元が買収されちゃいました。

Fitbit、Pebble買収を正式発表 Pebbleブランドの端末は終了 - ITmedia ニュース

Pebble – Pebble’s Next Step

正確には、12月8日の話なので、まあまあの過去形です。

これによって、私が楽しみにしていたPebble Coreという端末は開発が中止になり、クラウドファンディングで払ったお金も戻ってくるということです。

f:id:mihamaku:20161218135057p:image

今年5月に立ち上げた「Pebble 2」「Pebble Time 2」「Pebble Core」のプロジェクトは進行中だったが、これも中止になる。Pebble 2は既に出荷しているが、他の2モデルについては出荷はキャンセルになり、支援者への払い戻しが実施される。

そういや、Pebbleとkickstarterからメールが来てましたけど、英語で読むのが面倒だから中身を見てなかったんですね。

というわけで、サポートはどうなるとか心配もありますが、むしろポイントとしては、最後のプロダクトとなったPebble2を買えて良かったというところです。

相変わらず使いやすいし、特に電話を取り逃がさないというのは、最近バタバタしている私としては、とても助かりました。

買収したfitbitも活動量計の大手だし、スマートウォッチの一製品の寿命も数年だと思うので、また数年後に新しいものを買いましょう。そんな前向きに考えていたら、ちょっと良いニュースが。

Fitbitに買収されることが発表済みのPebbleが、2017年もサポートを継続すると発表しました。買収発表当初、FitbitはPebbleの一般向けサポートをすべて終了すると伝えられていました。

FitbitがPebble製品を2017年中もサポート継続へ|ギズモード・ジャパン

Fitbitが買収のPebble、2017年もサポート継続を発表。クラウドに頼らず使い続けられるよう開発者が奮闘中 - Engadget 日本版

いやぁ一安心です。良かった、良かった。

 

mihamaku.hatenablog.com