The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

勇気を出してりゃね

f:id:mihamaku:20170806210502j:image

上信越道は、市街地から少し離れた山の方にあります。山にかかった雨雲からはときおり、ゴロゴロと雷鳴が聞こえてきます。

最後のローソンで『カサは買わない!』と決断した私は、のちに後悔し、そのまたのちそれで良かったと思うことになります。

千曲川さかき高速道バス停まで、300メートル地点で、私は完全に立往生してしまいました。正確には高速道路の下で雨をしのぐことになってしまいました。

高速道の路線バスは、上下線のそれぞれにバス停があります。横断歩道がないですから、高速道路の下を通るトンネルがあることが多いのです。上りバス停に向かっていた私がいたのはそこです。

雨の勢いはものすごく、おまけに風も強いので50メートルくらいあるトンネルの真ん中あたりにいないと濡れてしまいます。坂道になっているので、水の流れが滝のようにトンネル内を通過していきます。ビーチサンダルじゃなければ、足元もアウトでしたね。

困った。時刻は15時30分。バスがくるのは15時50分。あまりギリギリでも危ないから、15時40分にはトンネルを出ないといけません。あと10分の間で雨勢が弱くなれば…そのタイミングで。

その期待もむなしく、雨はますます強くなります。こりゃ終わったな。そのとき、一台の車が下から上がってきました。あ、どうしよう!と躊躇したため、あっという間に通過してしまいました。

あ〜、ここでしょ!「勇気」を使うのは!たぶん、同じところ向かってて、300メートルだから、声かけたら絶対乗せてくれたよ!雨宿りしてるのも明白だし!

こういうのを後の祭りといい、その後、車は通りませんでした。10分はあっという間に経過し、渋々、濡れてもいい感じにパッキングを直しました。止水ジッパーなので、ザックに詰めちゃえば荷物は無事です。

問題は私です。下はサーフパンツ、平たくいえば、ほぼ水着なのでまあオーケー。上は…爆水RUNで濡れたシャツに再び着替える、思い切って上半身ハダカでザックを背負う、といった選択肢を躊躇していると、なんということでしょう!雨が小降りになってきました。

ここはさすがに躊躇しません。ビーチサンダルをペタペタ言わせ、300メートルの坂を全力で上りました。

バス停に着くと、再び雨は豪雨になりました。奇跡としか言いようがありません。こうなってしまうと、カサを買わなかったことも、車に声をかけなかったことも、これで良かったのだ!と思いがちですが、本当に冷や汗ものだったので、今となっても良かったと思えないくらいです。

しかし、川にザブザブ入った数時間後に雨で苦しむなんて、バカバカしいですね。高速バスリスクを思い知りました。そして、こんな長い文章を書けるのは大渋滞の賜物です。これも高速バスリスク!

教訓:行きは高速バスで良いけど、帰りは新幹線が良い

爆水RUNを速く走るには?

f:id:mihamaku:20170806130659j:image

「このレース速くなるには何を鍛えたらいいのかね〜?」

知らない人同士の会話だったので、割り込みませんでしたが、私は「勇気」だと思いました。

今年も『信州爆水RUN in 依田川』に参加してきました。もう、7回目ですから、すっかりベテランといって良いでしょう。

川の中や周辺を走ったり、泳いだり、よじ登ったりして8キロくらい走るレースです。自然条件にも大いに左右されて、今年は雨が少ないので水が少なく、藻が成育していて、足を取られやすかったりしました。冒頭の話じゃないですけど、何を鍛えたらいいのか、悩んじゃいますよね。

 当然、脚力や心肺、バランスを崩しやすいから体幹も大事です。ただ、これだと普通のレースと同じです。

このレースのポイントは、川の中を走ることで、滑る恐怖や突然岩につまづくといったリスクとの戦いが避けられないことです。

次の一歩が滑るかもしれない。転んだらイヤだな。と思いながら、一歩一歩を踏み出すのは、なかなかのストレスです。

f:id:mihamaku:20170806161327j:image

実はそう思いながら走るのが、一番悪い結果をもたらしたりします。スキーで怖いとき、腰が引けると後傾姿勢になってバランスを崩します。それと同じでビクビクしながら走ると、余計に転びやすくなるのです。

調子に乗って、前のめりに走っているとバランスを崩しても足が前にでているので、ポンといいところに足が届き、転ばなかったりします。

そんなわけで、怖いんだけど、積極的に一歩を出していくことで、それが次の一歩につながる可能性を信じるという意味での『勇気』がこのレースには必要だと思います。

でも、『勇気』って、鍛えるのが難しい。特に大人になると逃げる理由づくりがうまくなるから、なおさら難しい。だいたいの人は『勇気』がないといわれると怒るだろうし。まあ、私も類に漏れず、そうなんですけどね。

とりあえずは、『勇気』のない自分を認めるところからスタートしないといけません。今回のレース中もすねを岩に打ちつけて、「血が出たか?」ってくらい痛くて(結局大丈夫でした。弱気になると逃げたくなるので、痛みを過剰に見積もりがち。)、その後しばらく、腰が引けて、何回も転倒しました。

もう!とイライラしましたが「怖いけど勢いだけはつけていこう!」と「さくせん」を「ガンガンいこうぜ」に変えたところ、急に復活して、転ばなくなりました。

f:id:mihamaku:20170806161919j:image

でも、そもそもこのレースにおいて、速いとか、遅いとかほとんど意味を持たない気がします。競争となると急ぎたくなるのが人の性というものですが「勇気」を出して『速い遅い』の価値観から飛び出し、『楽しい』の価値観に切り替えるのが、正解のような気がします。

※それっぽくまとまり、ご満悦と思いきや、このあと大変で…。これも『勇気』に関係しているので、また書けたら書きます。

おしぼりうどん

f:id:mihamaku:20170805131748j:image

「おしぼりうどん」…ってなんでしょう?私なんか初めて聞いたとき、あしたのジョーの「ねじりん棒」(これは各自調査)を思い出しちゃいました。ひどいものです。

正解としては、長野県坂城町には特産のねずみ大根という、辛味大根の王様的な品種があって、これのしぼり汁につけて食べるうどんが、おしぼりうどんなのです。

ネットをみると「からい!」「辛い!」「カライ!」とレポートがあがっています。これは調査すべき…。そう考えた私は二兎を追う名案を思いつきました。

毎年恒例の信州爆水ランにバスで行けば良いのです。安い(池袋〜千曲川さかきPA 2000円台)、そして降車地の千曲川さかきPAのすぐ近くにおしぼりうどんで有名な「かいぜ」があるので両得です。

坂城町ねずみ大根振興協議会 - おしぼり十割そば かいぜ

8時に池袋を出て、お昼前に坂城町に着きました。昨日までの過ごしやすい気候から一転、すさまじい暑さです。まあ、雨よりマシです。10分弱歩いて、「かいぜ」に到着。

f:id:mihamaku:20170805143856j:image

すごくのどかです。畑の中にお店があり、農家レストランといっても過言ではありません。

f:id:mihamaku:20170805143954j:image

手前にあるのはウサギ小屋で、かわいいウサギがいます。近くにはヤギもいたな。

f:id:mihamaku:20170805144139j:image

ここで一抹の不安がありました。基本的に辛いものも得意で、食べ物であればゲテモノも積極的に攻める私ですが、子どものころは大根おろしの辛味が苦手でした。でも、最近は特に辛かった経験もないし…というところで、辛味大根の王様に挑んでみてやろうじゃないの!というのが今回の趣旨です。

 注文したのは、よくばりセットというもので、おしぼりうどんと手打ちそばをハーフサイズでどちらも楽しめるセットです。ちなみにそばはそばつゆにねずみ大根のしぼり汁を入れて食べます。わさびの代わりに入れる感じです。

f:id:mihamaku:20170805145004j:image

さて、おしぼりうどんです。食べ方は、白っぽく濁った大根の汁につけるのですが、好みに応じて味噌を入れます。これでマイルドになるのです。あとはかつお節とネギが薬味になります。

f:id:mihamaku:20170805155920j:image

まずはしぼり汁を舐めてみます。あ、辛い!…けど、甘みもある!もう一口…お、少し辛いけど美味しい。味噌を少し入れてみると、辛味が弱くなるというより、味がついて食べやすくなります。

これは好きだ!薬味を入れて、味噌は全部は入れないくらいにして、温かいうどんをしぼり汁につけて、ワシャワシャ食べます。言葉でいうと「甘辛い」ではなくて、辛くて大根の甘みもある「辛甘い」です。

結果的には、美味しくて、しぼり汁を全部飲んでしまいました。そして、大根の辛さに完全に勝利できたことにも、満足を感じました。大人になりました。

満足げに店を出た私ですが、このあとテクノさかき駅まで、炎天下を1.5キロ歩き、最後は走った末に、電車に乗り損ね、まさかの1時間待ちぼうけになることを知る由もなかったのです。

彼に教えてあげたい。電車の時間は58分じゃなくて、50分だよ!

チェスターのショックが大きい

f:id:mihamaku:20170721234625j:image

ここのところ日記で音楽の話題に触れるときは、ミュージシャンが亡くなったときが多い。音楽のカテゴリーで見たら、最近10件中4件が訃報だから、自分でもちょっと嫌で、サウンドガーデンクリス・コーネルが亡くなったときも、書きたくなる気持ちを抑えた。

プリンスやジョージ・マイケル、クリスが亡くなったときも50代か…早いな…と思ったけど、チェスターは41歳。同学年だから、ちょっと動揺の仕方が違う。

リンキン・パークのボーカル、ベニントンさん死去 41歳

(CNN) 米ロックバンド「リンキン・パーク」のボーカル、チェスター・ベニントンさんが20日、米カリフォルニア州の自宅で死亡しているのが見つかった。41歳だった。

CNN.co.jp : リンキン・パークのボーカル、ベニントンさん死去 41歳

リンキンパークは、先日アルバム「One more light 」を発売して、これがものすごく良くて日記に書きたいなと思っていたので、ショックも大きい。

前作の重い感じではなく、軽やかでバラエティに富んでいて、特にラスト2曲が良くて、さらに言うとラストの「Sharp edges 」はアコギ基調の新機軸で完成度も高いので、よく聴いている。

このブログでもリンキンパークで検索すると、けっこうな記事があって、自分でも好きだったんだなぁと思う。うまく言葉にできないけど、全くの他人が亡くなって、喪失感があるのは久しぶりだ。

 


Sharp Edges Official Audio Linkin Park