The New Takeuchi Journal Plus+

On The Web Worldwide Since 2001.01.01

民宿のご飯

飲食店が少なそうな田舎に泊まるときは、なるべく民宿にしています。ときどき、信じられないほど美味しい食事が出てくるので楽しみなんですね。だいたい民宿は1泊2食で10000円はしないことが多くて、内訳を夕食3000円、朝食1000円と考えると、かなりリーズナブルです。

熊の炊き込みご飯

信じられないほど美味しかった民宿での食事を3つ挙げると、まず思い出すのはは福島の奥会津で出た熊料理。熊肉の炊き込みご飯は、宿の人が「脂っこいのでダメでしたら普通のご飯もありますよ」というとおり、べっとりするほど脂っこかったのだけど、甘みのある脂で本当にうまかった。何度もおかわりしたことを覚えています。

野菜ばかりの食卓

次は上田の別所温泉の宿。ここは逆に肉がほとんど出なかったんですけど、野菜がものすごく美味しかったです。素材もさることながら、野菜ばかりで飽きないというのは料理がものすごくうまいのだと思いました。ここでも驚くほど美味しかったのはご飯。白米です。聞いたところ、上田の米は美味しいのだけれど、そんなに量が取れないのでだいたい地元で消費されてしまうとのことでした。

海産物のバリエーション

さて、3つめが伊豆松崎での食事。2009年のゴールデンウイークに泊まったときのことです。ここでおいしかったのは海産物。その時の写真がこちら。

f:id:mihamaku:20090502184952j:plain

2009年に伊豆松崎で食べた食事

今見てもすごい量です。刺身、煮つけ、フライとバリエーションが多いのがいいですね。いろいろな貝があるのも、貝好きとしてうれしい。

民宿飯2018

こんな思い出を胸に今回、伊豆松崎の民宿に泊まったわけですが、思い出と同等か、それ以上に良かったです。まず、料理の全貌はこちら!

f:id:mihamaku:20180817184419j:plain

2018年伊豆 石部温泉の食事

ご飯を一杯食べられるおかずをメイン級と位置付けると、まず刺身がメイン級です。金目鯛とカンパチ、トコブシが並びます。当然どれもおいしいのですが、なにしろ量があるので「完食せねば!」という思いもあり、最後のほうは刺身を2枚づつ食べるという、雑な食べ方になるほどでした。

f:id:mihamaku:20180817184210j:plain

そして、メバル的な魚のから揚げとカンパチ的な魚の西京焼きもメイン級です。つまりこの時点で、ご飯を3杯たべることが決定してしまいます。ちなみにから揚げはヒレもバリバリと食べられて大変美味しかったです。

f:id:mihamaku:20180817184426j:plain

そして、実はご飯も黒米という絶妙な変化球でした。さらにはサザエ、あら汁、酢の物など調理のバリエーションが多彩。最終的にご飯は5杯食べました。

民宿に泊まるときは、だいたい自転車での旅行の時が多くて、昼間のツーリングでクタクタになったところに、美味しそうなものが並ぶのは本当にうれしいものです。そりゃおかわりも進むってものです。

こうやって書いていると、「米」を美味しく食べるのが好きなのかな?と思えてきました。「米」って毎日のように食べているから、特別においしく感じることって稀な気がします。でもツーリング中は、本当においしく感じます。自転車やってて良かったと思う瞬間で、こういうことがあるからやめられないのだと思います。

上田の麺はガッツリ!!

上田では、昼食→うどん、夕食→そば、という誰が見ても麺好きとわかるような食生活でした。事実、麺好きなのだけれど、一人旅という要素も大きいのです。一品注文するだけで済むし、食べ終わったら、ササっと席を立てばいいから楽なのです。

さて、爆水ランも8回目になると、今度はどこで食べようか…などと食についても探求心がわいてきます。今回は昼ごはんのうどんは昨年食べたおしぼりうどんがおいしかったので、再訪することを決めていました。 

「かいぜ」(おしぼりうどん)

mihamaku.hatenablog.com

 去年は、初めてということもあり、辛さに恐れをなして、そばとのセットである「よくばりセット」なるものを注文したのですが、今年は自信をもって「おしぼりうどん(大盛)」です。

このおしぼりうどんとは、ざっくり切られたうどんを辛味大根のしぼり汁につけて食べるものです。しぼり汁には、適宜味噌を溶かして、味変を楽しんでいきます。

f:id:mihamaku:20180804123131j:plain

さすがは大盛、なかなかの量です。しかし、辛いものは食を進める効果があります。「うどんを汁につけて食べる」→「辛い」→「中和のために何か食べなきゃ」→「うどんを汁につけて食べる」→「辛い」・・・(無限ループ)

となるわけです。心地よい辛さのなか、あっという間に食べ終わってしまいました。汁まで飲み干し完食です。最初の一口は、「おっ!辛い」と思うのですが、そこを乗り越えちゃえば大丈夫。

無限ループにはまっていたので気づきませんでしたが、食べ終わって、うわっ!お腹いっぱいということに気づきました。

「草笛」(そば)

一日やることもなく炎天下で過ごして、途中、イオン、アリオで涼をとったり、経口補水液で体調を回復したりとけっこうボロボロでした。暑すぎて上田城にも行きませんでした。

夕食は特に決めてなかったのですが、宿の近くに割と有名な「草笛」というそば屋があったので、そこに決めました。そばは大好きなのですが、ときに量が少ないことがあります。

と、メニューに目をやると『ボリューム満点!』の文字が!!

「ぶっかけ冷し肉蕎麦豆乳仕立て!」

f:id:mihamaku:20180804181035j:plain

これは攻めてるメニューです。実はこの店の名物は「くるみそば」で2秒前にはメニューも見ないで、それにするつもりだったのですが、直感で車線変更。それも中盛で!

f:id:mihamaku:20180804182013j:plain

おお、すごいボリューム!一瞬「食べきれるか?」と思ったほどです。お酢とラー油がついてきました。これも味変を楽しめます。

味は思ったよりこってりしています。そこにお酢を投入すると夏向きの味になります。パンチを効かせたいときはラー油を投入。汁がおいしいです。汁に冷やしたご飯を入れて、崩した豆腐と大葉を入れたら、相当おいしい冷や汁になりそうです。

ちなみに「草笛」のボリュームは普通のそばでも同じらしいです。上田のそばというと以前に紹介した「刀屋」もボリューム満点でした。上田の麺類はガッツリ食べる文化なのかな?なんて適当なことを考えたりしました。 

mihamaku.hatenablog.com

 

西伊豆ツーリング

今年は伊豆!ここのところ毎年行っている夏の自転車ツーリングに行ってきました。伊東からスタートして、西伊豆松崎町に泊まって、下田がゴールの1泊の旅です。

自転車での伊豆の旅は、何回か来ていて、特に印象的な旅が2回あります。1つは熱海から沼津への旅。これは大学2年のとき初めて後輩を連れて行ったツーリングです。熱海の地下道で寝たり、わいわいチンタラのキャンプツーリングでした。

2つめは、10年くらい前、西伊豆を旅したときで、このとき泊まった民宿の食事が素晴らしくて、もう一回行きたい!と思ったものでした。当時の写真を見てもどこの宿だかわからなかったので、同行してくれた後輩に聞いてみたところ松崎町だということは、分かりました。

この2つの旅をミックスして、かつ、私の満たしたい欲望である「温泉」、「海水浴」をプラスしたのが、今回のツーリングなのです!

1 どこに行ってもマックスバリュー!

伊東についた私は、行動食やら飲み物やらを購入するため駅前のマックスバリューへ。この後、修善寺、土肥、松崎と行く町、どこにでもマックスバリューがありました。いつものイオンカードで買い物ができて便利でした。

なによりアクエリアスを78円で売ってくれてありがとう!トータルで5本も買いました。

f:id:mihamaku:20180818175233j:plain

 2 修善寺が変わった!

20年前に修善寺に来たときは、駅前のマクドナルドで買ったものを河原で食べたものです。今回もあわよくば、その再現を・・。と思ってましたが、駅がオシャレに変わっている!

f:id:mihamaku:20180818180025j:plain

駅は2014年にリニューアルされたらしいです。気分的にはファストフードを食べたかったのでウロウロしてみましたが発見できず・・。結果的に駅弁をテイクアウトで食べました。食事についてはまた別に書く予定です。

ちなみに昔食べた河原はそのままでした。「国破れて山河在り」みたいなものですかね。

f:id:mihamaku:20180817120930j:plain

3 石部温泉とは?

今回の旅行は、前日に宿をとるという、なかなかの急スケジュールでした。松崎町観光協会に電話して空いている民宿を聞いたところ「浩美屋」という民宿にキャンセルがあったとのことなので急いで電話して予約しました。私の経験では、民宿を取るときはネットより観光協会のほうが細かい情報を持っているんですよね。 

宿があるのは松崎市街から南に海沿いを5キロほど行った石部温泉です。伊豆半島は、横断するときにいくつかの峠を越えていきます。そこそこ疲れるのですが、実はそれ以上に疲れるのが海沿いのアップダウンです。予期せぬ登りが一番へこむんですよね。

だから海沿いの5キロはなかなかつらいのですが、その代わり絶景が楽しめます。

f:id:mihamaku:20180818085028j:plain

石部温泉の目の前にも、小さな浜があり、ちょっと泳ぎたいところでもありましたが、着いたのが5時前だったのでやめておきました。

f:id:mihamaku:20180817173141j:plain

泊まった民宿は、最高でした。温泉はいつでも入れるし、何しろ食べ物が素晴らしかったです。食事については別に書きますが、とりあえず写真だけでも。これを一人で食べられるぜいたくさ!!

f:id:mihamaku:20180817184419j:plain

4 外浦海水浴場へ!

海水浴は、ゴールである下田の外浦海水浴場へ。さすがにツーリングの途中で海水浴となると、そのあと走る気にはならないので・・。その代わり、海水浴場近くの道の駅で水着に着替え、準備は万全!

海水浴場に自転車を横付けすると、海へまっしぐら!仰向けになって海に浮かんだり、軽く泳いだり15分程度海とたわむれると、大人の海水浴としては大満足です。

f:id:mihamaku:20180818115238j:plain

今回のツーリングは、ほとんどトラブルもなく順調でした。なにより急に気温が過ごしやすくなったので快適な旅行でした。

昔行った場所を振り返るというコンセプトのツーリングは、今年も楽しかったです。大体の場所が、10年以上前の記憶ですからね。場所自体も変わっているし、自分も変わっているので、どこに行っても新鮮なんですよね。

来年はどこに行こうか・・もう考えはじめている自分には、「あと1年がんばって待ちな」と言ってやりたいところです。f:id:mihamaku:20180818112410j:plain

第23回 信州爆水RUN in 依田川

毎年恒例の爆水ランに参加してきました。

イベントの詳細はこちら(手抜き)→信州爆水RUN in 依田川 オフィシャルサイト

もう8回目なので、特に書くこともない…と思いきや、同じようになるわけがないのが、旅の常。毎年のことになれば、そりゃいろいろ考えたり、工夫するものです。

工夫①民泊を使ってみた!

今年はシェアリングエコノミーも盛り上がっているということで、Airbnbを使って宿泊してみました。私にとってのメリットは、なにをさしおいても安いこと!

予約したときのAirbnbには、たくさんシェア物件があったのに今はずいぶん減ってしまいました。ニュースにもなりましたが民泊新法が施行されて登録制になったためです。

個人的には、もっと自由にやらせるべきだと思っています。おまけに自治体の独自規制も上乗せしちゃっているから、ハードル高すぎだと思います。これから人口も減って、空家も空き部屋も増えるというのに…。

さてさて、私の泊まったのはワンルームマンションの一室でした。キレイでキッチンもあるから長期滞在には良いですね。ホテルほどのアメニティはありませんが、タオルとシャンプーがあれば私には問題なし。というか、十分です。

f:id:mihamaku:20180805092736j:image

例年より2000円くらい安くできたことを考えると、ビジネスホテルにとって競合になりうる感じです。ちなみに予約やチェックインはアプリを使ってラクラクでした!

工夫②シューズを変えてみた!

昨年まで使っていたゲルフジレーサーが、5年間のハードな使用により穴があいてしまったので、サロモンの走れるウォーターシューズを買ってみました。(実は昨年終わった直後に買ってました!)

f:id:mihamaku:20180805125850j:image

ウォーターシューズ「CROSSAMPHIBIAN」新登場 | ニュース | サロモン ランニング&アウトドア

家でもたまにランニングに使っていたので、とりあえずは走るのは大丈夫そう。あとはどれくらい滑らずに川の中を進めるか?これは走ってみないとわからないですね。 

結果としては、水の中では圧倒的な性能でした。滑りづらさは、これまでのゲルフジレーサーと比べて、すごく良かったです。

逆に走るのは、ちょっと弱い部分がありました。普通に走る分には問題なかったんですけど、石や岩に突き上げられると、ちょっとダメージがありました。トレランシューズと比べると、ソールがそこまで硬くないんでしょう。

一長一短あるものの、基本的には走りやすかったので良しとしましょう。なによりすごいのは、すぐ乾くこと!1時間外に置いておいたら、カラカラに乾燥して、履いて帰ることができました。普通最低でも半日はかかりそうなところ、これは本当にすごい!

工夫③帰りはグリーン車

昨年はバスで帰って、大変だったので、今年はトクだ値35のグリーン車で帰宅。35%引きだから、普通の新幹線より全然安いのです。当たり前の話ですが、バスより速いんです。その差、倍以上!

 

そんな感じで、無事レースが終わりました。
f:id:mihamaku:20180805175048j:image
タイムも順位もほぼ例年通り…少し良かったのかな?コースが少し変わって、順位の分母も変わっているので、よく分からないな。

 

毎回思いますけど、本当に良いイベントです。前も書きましたが、多少のリスクのある、こういうイベントが地元の協力を得られるのは、すごいと思います。

私なんて毎年来て、極々微力ながらお金を落としているわけです。おかげさまで上田という町が大好きになってますし、町にも詳しくなりました。イベントの効果として理想的ではないでしょうか。

今回も楽しかったので、また来年行くつもりです。食べたものとかについてはまたあらためて…。

今年のゴールデンウィーク

f:id:mihamaku:20180506155734j:image

今年のゴールデンウィークは、例年通り長野にある妻の実家へ。子どもも少し大きくなったので片道4時間以上かかる帰省もだいぶ楽になりました。

今回行ったところは、いちご狩り、飯田美術博物館、飯田市立動物園、あと諏訪湖遊覧船。

去年から行っているいちご狩りは楽しいですが、思ったほど食べられません。動物園は小さな動物園なんですけど、ペンギンやミーアキャットやらを見て、子どもは大喜びでした。上野のパンダより興奮してたかも知れないです。

f:id:mihamaku:20180506155822j:image

それ以外はかなりのんびり過ごしました。私も体調が悪く、風邪の症状や全身が凝った感じでした。運動を全くしてないのもいけないのかな?帰ったら、ランニング再開しようと思います。

f:id:mihamaku:20180506155914j:image

今、新しい車両になったスーパーあずさに乗っています。さすが新しい車両だけあって、コンセントも完備で快適です。自由席は大変な混みようで、指定を取っておいて本当に良かったです。

ひさびさに遠くに来て、旅行は良いなぁと改めて思いました。夏は色々出かけたいものです。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル

f:id:mihamaku:20180414142622j:image

たまたま映画を観るのに、ちょうど良い一人の時間ができたので、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」を観てきました。

昨日から公開している「パシフィック・リム/アップライジング」と悩んだのですが、「〜アップライジング」は、怪獣要素が薄くなってロボット映画っぽくなった気がしたのでパス。直感でCMを見る限りおもしろそうだった「ジュマンジ」へ。

こんな感じで、適当に足を運んだのですが、不覚にもホロリとさせられてしまいました。

前作「ジュマンジ」は、1995年作品で、当時大学に入ったばかりの私はこの手の映画を下に見るという悪癖がありました。今考えたら、面白くもない、小難しいカッコつけた映画ばかり観ていて、損したもんだと思います。というわけで前作は観ていません。

本作をざっくり説明すると、ゲームの中に吸い込まれてしまった高校生4人が、その世界を脱出するためにゲームをクリアしていく…と、書くと、まるで子どもの思いつくようなストーリーですね。

ポイントとしては、高校生たちはゲーム内のキャラクターになってしまい、現実の本人たちとは似ても似つかない姿になってしまうというところです。オタクの子は、筋骨隆々のロック様になり、インスタ狂いの女子高生はあろうことかヒゲ面のジャック・ブラックになってしまったりします。

ストーリーが進んでいく中で、高校生たちは、普段と違う自分の力に気づき、それぞれの長所を生かし協力してクリアしていく必要に迫られます。なにしろ外見はロック様ですが、中身はオタクですから、その力を発揮するにも勇気が必要です。

本人「できないよ〜」

友達「自分を信じろ!」

という後押しを受けて、みんなでがんばるという、ものすごく教育的に良い映画なのです。バカ映画と言われれば、確かにそうなんですけど、ユーモアとスピードにあふれて、伏線がサクサクと回収される完成度の高さは最高でした。

言うなれば…勇気、友情、勝利の「週刊少年ジャンプ」みたいな話です。

ぜひ、10代の若者に見てほしい映画ですね。残念ながら、映画館は私のような中年か、それ以上の人ばかりでしたが、そのくらいの年齢の人も、勇気、友情、勝利は定期注入すべきなので、超オススメです。

CMを見てると、頭カラッポで楽しめるエンターテイメントみたいな売り方ですけど、中身はそんなことないですよ。昔の私にも教えてやりたいですね。

スキーのちシャンシャン

今日は本来ならガーラ湯沢にスキー(本当は子どものソリ遊び)に行く予定でしたが、悪天候で営業中止というハプニングに見舞われました。

朝、8時に東京駅に到着していたので、どうしたものかと悩んだ結果、上野動物園にシャンシャンを見に行くことにしました。

悪天候の中、1時間ばかり並び、整理券をゲット。

f:id:mihamaku:20180321154713j:image

その後、また並んでシャンシャンを見学。30秒ごとに移動して、計4回、トータル2分間。お母さんの後をついて歩き回ってました。

かわいい!が寒い!つらい!帰りたい!

f:id:mihamaku:20180321154927j:image

というわけで、ほぼ動物は見ずに昼ごはんを食べて帰ってきました。子どもも寒いのにがんばりました。アビシニアコロブス(白黒のサルの仲間)を見られて良かったらしいです。最近は、難しい名前の動物に詳しいんですよね。